スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の竹寺 その2


さて、無事にお参りも済ませたので、お食事の為に庫裏に。
IMG_0246_20160501140531b47.jpg

「こちらの方でお待ちください。」と通された待合室には。
IMG_0272.jpg
やっぱり、いました。うさぎ
ちゃま姫が天界入りしてから、お出かけ先では必ずうさぎに遭遇します。。


IMG_0271.jpg
古い建物がそのまま残されているようです。
私好みの、大正ロマンな小物があちこちに。。。


IMG_0276_20160501140539499.jpg
そして、待合室から、お食事用の個室に移動する時に、こんなお部屋を見つけました
IMG_0277.jpg
たっ、竹、生えてます……けど。。。イインデスカ?
家の中から竹を生やした良寛さんの話は読んだことがありましたが、まさか、ホントに家の中から竹を生やす人がいるとは

IMG_0280_2016050114354133b.jpg

さて、やっと、お食事です。。。。。
お食事は個室で頂きました。
和室にテーブル、白いテーブルセンターにグリーンの竹がとってもお洒落です
まずは天麩羅の盛り合わせ。
天麩羅は、柿、タンポポ、スイバ、わらび

IMG_0294_20160501152110790.jpg
松の実。


IMG_0300.jpg
蕗の薹の天麩羅。

わっ、私の大好きな山上憶良の短冊付きです~

いざ寝よと 手を携わり 父母も 側 はな離り 三枝の中にを寝むと 愛しく
(お父さんもお母さんも側を離れないで、三枝のように真中に寝よう。)

ということで、蕗の上のお花は三枝、三椏(ミツマタ)なのです。
うーん。なんて風流なお料理なんでしょう。

IMG_0293.jpg
セリ、つくしの和え物。
短冊の歌は、
わが宿の いささ群竹吹く 風の音の かそけき この夕べかも
(わたしの家の小さな竹の茂みに吹いている風の、その音がかすかに聞こえる、この夕方であることよ。)


IMG_0297.jpg
竹寺の名月。
さつまいもの円相天麩羅です。

IMG_0306.jpg
にんじん、こんにゃく、山セリ、山椒の白和え。

IMG_0311_20160501155913e4a.jpg
うはぎ(嫁菜)の和え物。

春日野に 煙立つ見ゆ 少女らし 春野のうはぎ 採みて煮らしも
(春日野に煙が立っているのが見えます。少女らが春野のうはぎを摘んで煮ているようです)

万葉の昔は、日常に嫁菜を積んで煮て食べていたのですね~。

IMG_0312_20160501161509d33.jpg
キュウリの上に載っているのは「岩茸」という苔。
一センチの成長に三年を要するという希少なもの。仙人の食とも言われる不老長寿の食材だそう。。。

IMG_0318_20160501162810f9f.jpg
ご飯、ほのかに竹の香り。。。

IMG_0316.jpg
お蕎麦。

IMG_0320.jpg
デザート、竹笹羊羹です。

IMG_0289.jpg
この、お料理に添えられたお花はお持ち帰りくださいということなので、お土産に

IMG_0367.jpg
活けてみました

見わたせば 春日の野辺に 霞立ち 咲きにほへるは 桜花かも

お料理は一つ、一つ運ばれ&お住職の解説や法話付き。
とっても優雅な気持ちで楽しくお食事ができました。
こうして、後でみてみると、この料理で使われた食材には、家の庭にも生えているようなものが、結構ありました。
こんな風にお料理をしていただくと、野草も御馳走になるのですね。

この竹寺HPはこちらhttp://www.takedera.com/
私が行った時はあいにくの雨でしたが、晴れていたら、お花がとても奇麗に見られると思います。
ちょっとしたリフレッシュにお勧めです~。

ではまた~


スポンサーサイト

雨の竹寺  その1 お参り

先日、パソコンの写真を整理をしていたら、ブログ用に撮影をしたのに、まだブログにアップをしていない写真がいくつか見つかりました。せっかく撮影したものなので、ちょっと過去の出来事になるけど、少しづつブログにアップをさせていただきます~。

ということで、今回は竹寺で頂いた「精進料理」の記事です。

埼玉県の飯能市にある竹寺では、春(三月~六月)秋(九月~十二月)に、お寺の周りの山野草を調理した精進料理が食べられます。
私は「わーいっ、精進料理~
ベジの私でも楽しく食べられる精進料理~
しかも、私の大好きな、山奥のお寺~。(←寺好き)
と、予約を入れてから、竹寺に行くのを楽しみにしていたのですが……。

IMG_0240.jpg

この日はあいにくの雨~春というのに肌寒い日。。。。でした。
(まぁいいですよ、べつに……外でご飯食べる訳じゃないしね~)


IMG_0242_20160429160034cd4.jpg

そして、いきなり、怖い顔です。しかも、斧もってるし~
いや、怖い顔なんていったらバチがあたりますね。
これは竹寺の御本尊様「牛頭明王(ごずてんのう)」
竹寺は現在天台宗の僧侶が管理をされていますが、今ではとても珍しい神仏習合の寺。
(明治維新の際に殆どの寺院で神仏分離がされた。)
ですから御本尊様も、普通の仏教の神様ではないのですね。

IMG_0248_201604291637331f2.jpg

IMG_0247_201604291637307a7.jpg

「神仏習合」なもんで鳥居なんてあります。

IMG_0253_201604291600339b6.jpg

お食事の前に本尊様に御挨拶。

【牛頭天王(ごずてんのう)は、インド祇園精舎の守護神ともいわれ、中国に入り、密教、道教、陰陽思想の習合があり、日本に伝わったとされています。さらに陰陽道との関わりを深め、また蘇民将来伝説とも結びつき、スサノオと同体とされています。当山では、疫難消除、除災招福、出世開運の「天王さま」として信仰されています。(竹寺のHPより。)】

えーと、インド(ヒンドゥー教?)で生まれて、それから中国に行って、密教やら道教を取り込んで、陰陽道かすって、スサノオ(神道)と同体となった???
つーことは、一回拝むと五つくらいの宗派を拝んだことになるかな~
なんて不謹慎なことを考えながら。。。
ふと、脇を見ると……。


IMG_0262.jpg

トッ、トーテムポール

…………牛頭天王はアメリカ先住民文化もかすったのか???

と、まぁ、冗談はともかく。(でもなんでトーテムポールみたいなのがあるんだろう?)

お寺のあちこちには、表情の豊かな、素晴らしい木像や石像がありました。

IMG_0236_201604291717364cd.jpg

IMG_0331_20160429170734f1d.jpg

IMG_0329.jpg

と、言うことで、この続きは次の食事編で~

大我井神社の火祭り、おまけの裏話~(^^)。

はい。一回の行事でブログを五回も引っ張った上に、おまけまでつけちゃいます~

てね。。。そもそも、なぜ、五回もブログを引っ張ったかというと「今年はとっても特別な位置から写真が撮れた。」「&この火祭りをなるべく細かく、みんなにご案内したい。」ということがあったのです。

鋭い人は写真のアングルを見て気がついたかもしれないけど、今年の私の写真は神社本殿の中から撮られています。

IMG_1541.jpg


はい。これなんか、本殿に上がりこまなければ絶対に撮れない写真。。。

この火祭り、結構な数の素人カメラマンさん達が撮影に来ていたのですが、神社本殿に上がって撮影できたのは私だけなのです

で、どうして、今年は本殿に上がれて撮影ができたかというと……。
実は、去年のことなんですが、お祭りの撮影をしていたとこ、宮司さんからお声掛けいただいたのです。。
そして、ブログや写真の話を少ししたら。
「来年の火祭りは、事前に社務所の方に来ていただけたら、スタッフ扱いで写真を撮っていただけるように取り計らいます。」と、おっしゃってくださって。

IMG_1461.jpg

そして、今年はお祭り前に社務所をお尋ねして。

IMG_1660.jpg


頂いたのがこれ~。
富士浅間神社スタッフTシャツ~ッ
これを着ていれば、スタッフ扱い~♪どこでも撮影してOKの最強撮影アイテム~っ。

IMG_1671.jpg

それにお寿司まで頂いちゃった。
(このお寿司は聖天さま名物でおいしの~。)

かなり凝ったカメラを持った多数のカメラマン(10人以上はいた~)が、集まっていたとこ、なぜ、私にお声掛けをくださったのかな……と、この御縁の不思議さを感じ、色々と考えたりしたんですが。。。。

私はここ9年間、大我井の神さまにお水をあげ、榊を捧げて、感謝の祈りを毎日捧げたりしていたり……。
&神さま繋がりの、御縁と言えば、私自身は仏教徒で得度もしているのですが、私の父の生家は神社だったりするのですよね。

IMG_9238.jpg

雀神社にて。(現在は私の従兄が神官さんです。)

神様は色んな事を見ていらして、結構ネットワークとかもあったりするのかも。。。。

何かと不思議な偶然の多い私が、天の配慮に感謝を感じて、そして、ちょっと身を引き締められた、今年の火祭りでした。。。。

大我井神社の火祭り。その2


IMG_1288.jpg

日本神道では火を起こすことそのものが厳粛な神事です。
火はこの世の聖なるものを守護し、邪悪なものを浄化する力が秘められていると信じられています。
(龍村仁監督作品「ガイアシンフォニー7」より)


そして自ら産屋に火を放ち、その火の中で無事に出産を遂げ、その身の清らかさを証明した木花開耶姫が、ご祭神の大我井神社では、神官による火起こしから神事が始まります。

IMG_1531_20150904194103bff.jpg

今回の神事で使われる火起こしの道具です。。。。
(これでどうやって火を起こすのか?分った人はスゴイと思います。)


IMG_1538_201509042003320cb.jpg

まずは、聖なる神事を始めるにあたって、神官が神様に祝詞をあげます。

IMG_1535.jpg

それを見守る何人もの宮司さん達。
宮司さん達による、雅楽の演奏の中、非常に厳かな雰囲気が漂います。
(その中を撮影の為にチョロチョロと動き回るの、ちょっとだけ気がひけました。)

IMG_1545.jpg

そして、たぶん、この神社のメイン神官の息子さんと見られる方が、道具を手にし、火起こしの行事を行います。


さて、あの、謎(?)の道具でどうやって火を起こすのかと言うと……・。

2_2015090422025793a.jpg


棒を上下させることによって、下の部分がグルグル回り、その摩擦力で火を起こすのです。。。。。

「え~?」と思った方、きっと多いですよね?

はい。当然ですが、この方法、ちょっとやそっとじゃの努力では火は起きません

IMG_1553.jpg

どうにか、その間を取り持つ(?)雅楽の演奏。。。。

IMG_1543_20150904210335078.jpg

お外で神官の起こす火を待ちくたびれる巫女さん……。

……そして「あー宮司さまは、明日は筋肉痛だろうなぁ……」と思うくらいに、結構長い作業の後。

煙がでました~っ

IMG_1555.jpg

……しかし、この火が起きてからの作業も、また大変でした。。。。

IMG_1565.jpg

わずかな頼りない火ダネを、他素材に移して大きくしなければなりません。
これが難しい……。
息を吹きかけても、なかなか、うまく移らない火種。。。
というか、せっかく起こした火ダネが消えそうな気配もして、ハラハラします。。。。

IMG_1561.jpg

「うちわ。うちわ持ってきて~っ」と宮司さま。
うちわで煽いでもみる……。

……なんだか、このへんから、神事というより、も、火起こし職人の技をみている感じに……。
いやー、火をおこすって大変です。。。。。
昔の人が火を大切にあがめた理由がしみじみと理解できます。。。

IMG_1568.jpg

そしてこの聖なる炎が。
IMG_1569_2015090820434527d.jpg

IMG_1574.jpg

清らかな巫女に託されます。


大我井神社の火祭り。その3に続く



おつかいは自転車♪

10年近く前、クロスバイクで転び、コワイ目に合って以来、ずっと自転車には乗っていなかったのですが…。

先日、赤いママチャリ買いました~。

IMG_4028.jpg

変速も何もなし。ホームセンターのお買い得チャリさんです。
でも、これを、買った時には、なんだか、とっても大きな買い物をした感じ?がして、嬉しくて、久しぶりにワクワク~しました。
(その前に買ったローラアシュレイのスカートの方が高かったのに(笑)。)



そして、今日はこのチャリさんで、いつもは車で行っている農協にお買いもの~。

春風を全身に感じながら、のんびりと道の花を眺め、スカートをひらひらさせながら乗れるって、うれしい
(クロスバイクは私の性格(&運動神経)に合ってなかったかも。。。。)
自動車は楽でとっても便利だけど、自分の足の力で進んでいく楽しさって大きい~


IMG_4030.jpg

お買い物のは、じゃがいもと、ちゃま姫にお花。



アイ ラブ メヌマ 3  奥原晴湖と荻野吟子

ちょっと(だいぶ?)ボーッとしている間に、前回の記事から間があいてしまいましたが「アイ ラブ メヌマ 3」です~

IMG_0813.jpg

表通りを少し外れ、民家が建ち並ぶ、小さな小道に入ってみました。
お庭に植えられている花々を眺めながら、ふらふらとしているたら…こんなお家が。

IMG_0831.jpg

奥原晴湖を語り合う部屋。

IMG_0835.jpg

IMG_0830.jpg

縁側部分に設けられた、屋根付きのテラスの中で、奥原晴湖の絵を前におじさんたちがお話をしています。

「こんにちは~←全然人見知りしない」と入っていくと…。

たぶんこの家のご主人と思われる方が、まったく見ず知らずの私を、こころよく迎え、椅子を勧めてくれながら「奥原晴湖を知っていますか?」と話しかけてくれました。

知っていますとも~。
何を隠そう(別に隠してないけど)私の両親は日本画が趣味でした。
家には年中画商が出入りし、母は古物商の免許も持ち、絵の売買が日常。そのおかげで、いつも家にはとっかえひっかえに絵が飾られていたのです。
特に地元にゆかりの「森田恒友」や「奥原晴湖」の掛け軸は多く見てきました。

おまけに、私が得度をさせて頂いたお寺は「奥原晴湖」の菩提寺。


もちろん「はい~。」と答えると。

「初めて、奥原晴湖を知ってるって人が来た。」と、びっくり顔のおじさん。。。。

「え~。
こっちの方がびっくりです…。


seiko.jpg

「奥原晴湖」は明治初期の女性南画家。
(写真は断髪姿の晴湖。かっこいい~)
自由奔放で豪快かつ大胆な作風が、維新期の気風に乗り人気を博して、一世を風靡。
その最盛期には弟子が300人(なんと岡倉天心も彼女の弟子になっています。)。
また、木戸孝允と深い親交があり、彼の紹介で宮中にあがり皇后陛下の前で揮毫もしました。
しかし、やがて南画の人気は低迷。晴湖は55歳の時に東京を払って熊谷に隠棲します。

IMG_0814_20131126164013725.jpg

それぞれ、画風の違う絵が掛けられていました。

IMG_0816_20131126164013db2.jpg

素晴らしい字。
……って、何て書いてあるかはもちろん読めないんですけど。。。。

IMG_0825.jpg

これは熊谷に隠棲してからの作品でしょうか。
ちょっと、私の好きな芋銭ぽい雰囲気です。


お茶を頂きながら、晴湖についての色々なお話を聞かせていただいたのですが、その中でとっても興味深かったのが「奥原晴湖と荻野吟子(妻沼町出身)知り合い説!
日本で最初に女性で医師免許を持った、荻野吟子。
彼女が医師を目指したきっかけは、夫から染された性病治療の屈辱から。と一般に言われています。
もちろん性病を染した上に吟子を離縁したとされる吟子の旦那は悪者あつかい…。


「でもさ、吟子は元旦那の結婚式(吟子と離婚してから再婚)に出ているんだよ。今言われてるようなさ、吟子の男嫌いの元凶の酷い男だったらさ、吟子はわざわざ東京からこっちに来て結婚式に出るか~?」

「実はさ、貫一郎(吟子の旦那)はさ、結構文化人のいい奴でさ。こっちに来た奥原晴湖の庇護者として、晴湖の面倒を色々と見ているんだよ。だから吟子と奥原晴湖は会ったりしてた事もあるはずなんだ。」

え~。それは知らなかった~。

確かに「男性社会に虐げられ、その悔しさから女医になろうと奮起した。」と言った方が、お話としてはドラマチックだし、分かりやすいけれど「女性ながら、自分の道を極め自立した奥原晴湖に、学業好きで男勝りの吟子が感化を受けた。」といった方が自然だし、背景に合っている気がします。

「離婚してからの吟子の上京先だって、誰かの紹介が必要な、かなり偉い学者のところだしな。」

なるほど~。それも奥原晴湖が紹介をしたとすれば…。話がスムーズです。

世間の常識を乗り越えた、奥原晴湖の強い生き方に感化された吟子が、向学心に燃え、新たな自分の道を目指したというこの説。
渡辺淳一の小説「花うずみ」のどこか悲劇的な吟子より、明るく強く共感が持てます。


フラフラと裏道に入り込んで…、思いがけずとっても素敵な時間を過ごさせて頂きました。
(なんと一時間半もおしゃべりしてた(笑)。)
…うーん、やっぱり、妻沼って奥が深い~。妻沼の人っていいなぁ。。。


「アイ ラブ メヌマ 4」にふらふらと続く。。。。




アイ ラブ メヌマ 2

IMG_3376.jpg

盆栽屋さん♪
すてきな紅葉の盆栽を買っちゃいました
盆栽の写真を撮っていたら「こっち、こっち、木ばっかりじゃなくて、俺の写真も撮ってくんなきゃー。」
で、パチリ。
お値段が本当にお安くて、利益なんてそんなに出ないと思うのに(おまけにおまけまでしてくれる。)
出店をしている人たちが、みんな、とっても楽しそうなのは、自分の作ったものが人に喜ばれる嬉しさと、買う人との触れ合いがあるからなのかな…。

IMG_3349.jpg

音楽はどうです~♪
なかなかいい風情です~。

IMG_0806.jpg

昔の蔵を改造した店舗の「大福茶屋さわた」。
ここの3代目ご主人が。この手作り市の旗振りさんです。

IMG_9309.jpg

地元のお店も出店しています。
「熊谷うどん福福」(笑)
地粉を使ったおうどんがとってもおいしいお店。
お勧めです~。

IMG_0807.jpg

そして昭和の香りの残る、レトロな雰囲気の表通りをフラフラといくと…。こんな展示が。

IMG_3357.jpg

IMG_3354_2013110609425945a.jpg

IMG_3355.jpg

ちゃんと走るそうです(でも、ときどき止まるんだろうなぁ…)。
外装も内装もピカピカ、とってもキレイ、すごい~。

極めつけ。。。

IMG_3358_20131106094304e9e.jpg

かっ可愛い
けど…、いつの???

IMG_3363.jpg

お茶屋さんの営業車だったらしいです。
搭載されていたお茶箱もすごすぎる…。


アイ ラブ メヌマ 3に続く。


プロフィール

ふくふく

Author:ふくふく
3時のおやつよりうさぎが好き
のWEBデザイナーです。

ホーム「ふくふくアジール」

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新トラックバック

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。