涅槃会

二月のイベントといえば…。
バレンタイン~
……ではなくて(つーか、私、あんまし、関係ないし~)

仏教徒の二月のイベント?といえば、お釈迦様が亡くなれたとされる日、二月十五日の「涅槃会」。
この「涅槃会」の「涅槃」とはサンスクリット語「ニルヴァーナ」の音訳で「吹き消された」の意。全ての煩悩の炎を消し去った、完全なる悟りと永久の安らぎの状態を示します。

IMG_9188.jpg

という訳で、昨日は、龍淵寺で行われた「涅槃会」に行ってきました。


涅槃会では、「涅槃図」がかけられ「遺教経」があげられます。

IMG_0003_20130216160158.jpg

IMG_0001_20130216155051.jpg

遺教経は、お釈迦様の最後の説法。つまり遺言のお経。
欲を克服し、戒を守って身心を制御し、すみやかに悟りに至る大切さが説かれているものです。
(私の大好きな明恵上人は、この「遺教経」に大きく感化を受けられたそう。)

IMG_0009_20130216154655.jpg


お釈迦様の入滅が描かれた「涅槃図」
沙羅の木の下で「頭北面西右脇」で横たわるお釈迦様。
その周りを、お釈迦様の死を嘆く弟子や人々が、囲んでいます。
右上の方には、お釈迦様を生んで、すぐに亡くなられたお釈迦様の母、摩耶夫人の姿があります。
お釈迦様が危篤と知り、摩耶夫人は、お釈迦様の為、天上から薬を投げたのですが、あいにく薬は木の枝に引っ掛かってしまいました。。。。(投薬という言葉はここから来たとか…。)

IMG_0011_20130216172801.jpg

そして「一切衆生悉有仏性(全ての生きとし生くるものは、仏性を備えている)」と説いてくれた、お釈迦様の入滅を嘆き悲しんで、あらゆる動物が集まってきています。

もちろんうさぎもいます。。
うさぎもお釈迦様の死を深く悲しんで。。。

IMG_0011_20130216173954.jpg

悲しんで…いるのか?

IMG_9831_20130216175505.jpg

悲しくたって、痒いわよ。


のぼうのお寺  その2 成田氏と龍淵寺

名称未設定-1

小説は70万部を突破、そして昨年、映画公開された「のぼうの城」。
この、のぼうの城、行田忍城の成田氏の菩提寺がここ龍淵寺なのです。
そして小説の元となった、江戸時代の文献「成田記」もここに保存されています。

IMG_9554_20130108142956.jpg

行田市郷土博物館の鈴木紀三雄先生。

そもそも、成田氏はどこから来たのか?という、成田氏祖先の話に始まり。
(都から藤原氏の末裔が国司として就任、そのまま、田舎のイコゴチがよくなって居ついてしまったとか(笑)。)
上杉謙信と成田長㤗との、仲違いの理由などの、かなり細かいエピソード。
そして映画のラストシーンそのままの、成田系図の文献の紹介など。
さすが成田氏の専門家~と感じ入る、興味深いお話をたくさんしてくださいました。

それと、映画を見た方は、興味を持たれるかと思うのですが。
長親の、その後のお話もありました。
忍城落城後。長親は、長親の息子「成田長季」が、尾張に城を持つ家康の四男の家臣となったことから、その息子に同行し、尾張に移り住んだのではないかということです。
そして、その息子の息子が(長親の孫)が「成田記」を作ったそう。
つまり、映画の資料となった「成田記」は、孫がおじーちゃんとか、お父さんに、当時のお話を聞いて作った文献で…。
うーん。。。孫が作ったんじゃ、かなり身びいき強く脚色されただろうな~と私は思ったりもしたのですが。。。。
ま、忍城が豊臣軍に最後の最後まで、屈しなかったのは事実。
坂東武者の無茶苦茶な痛快さには、変わりなしです←坂東武者の末裔(笑)

このお話の後。。。

IMG_9550.jpg

方丈様がお寺に保存をしてある、成田系図・成田記を見せてくださいました~

IMG_9551.jpg

このお寺は昭和25年に火災にあっており、これはその時の焼け焦げの跡。

IMG_9559.jpg

IMG_9561.jpg

あっ「ま、戦の天才ですから~」が口癖の?酒巻靭負の名前があります。
映画での彼の役どころ、特にラスト、甲斐姫とのシーンよかったですね~。


さて「のぼうの城」のお話でワクワクモード♪になった私。

IMG_9577.jpg

IMG_9576.jpg

なんと、七年間、毎月、お寺に通い続けながら、一回も見学したことがなかった…成田氏のお墓にお参りをさせていただきました。
(まぁ、地元民ってこんなもんです)


のぼうのお寺  その1 大般若祈祷会&開山忌法要

去年の出来事を書くというのも情けないものがありますが…。
(でも、このペースで行けば、撮りためた写真を旧正月までには、消化できそう。)

IMG_9546.jpg

2012年、11月15日、私が座禅会で通っているお寺「龍淵寺」で「大般若祈祷会&開山忌法要」が行われました。
開山忌法要は、「龍淵寺」を開かれた「和庵清順禅師」を報恩供養する行事。
大般若祈祷会は、西暦707年、奈良の薬師寺などにおいて鎮護国家や除災招福を願う祈祷法要として行われたのが始まり。法要では「大般若波羅蜜多経」という全600巻のお経を転読します。


IMG_9510.jpg

開山忌法要の後…。

IMG_9516_20130108142715.jpg

何人ものお坊さん達が大般若祈祷会の準備をします。
経本の詰まった箱は、チョー重そう

IMG_9519_20130108153359.jpg

やっと、並びました
最後、中央、須弥壇上に、般若祈祷会用の十六善神の掛け軸を掛けています。

IMG_9524_20130108142813.jpg

IMG_9531.jpg

お経本をパラパラとめくる事で読んだことにしちゃう「転読」。
(これ、心の目で読むということらしいですが…)

IMG_9539.jpg

一巻、転読する毎に「降伏一切大魔最勝成就(一切の大魔を降伏すること最も勝れて成就せり)」と唱えます。

IMG_9532_20130108152618.jpg

なんといっても600巻、十人かがりでも結構な時間がかかります。。。。

IMG_9543.jpg

導師が大般若理趣文を真読され、大般若祈祷会が終了します。
みなさま、お坊さん達も少し疲れ気味?

ちょっと長めな行事ですが…。これが、終わった後は1年の厄を落とした感じで、とっても、すっきり~いい気分なのです。
降伏一切大魔最勝成就したかな~
お寺のみなさま、ありがとうございました~。


そして、この大般若祈祷会の後には、こんなプチ講演がありました。

IMG_9544_20130108154639.jpg

IMG_9503_20130108154038.jpg

何げにこんなポスターなんか飾ってあったりする、このお寺。
実は、昨年公開された映画「のぼうの城」の成田氏の菩提寺なのです。

★ のぼうのお寺  その2 成田家と龍淵寺 に続く


新年の抱負?

お正月も三日目。

ここらへんで、新年恒例の恥さらし~っ
新年の抱負なんか書いてみようかな…と思います。

具体的には。
・ちゃま姫他界で、結局増えちゃった体重(一週間で三キロ減って、二か月で五キロ増えちゃった)を、元に戻して心身共にシェイプアップする。
・WEB製作技術の向上。
かな…。

&心掛け的には。
・ご縁を大切に。です。

これは去年、お寺で行われた臘八摂心会の時の方丈様の法話と、中野東禅師のサインに添えられた言葉が「ご縁」をキーワードに、シンクロしてた…というのが理由。

IMG_9707.jpg
臘八摂心会の時に頂いた書のプリント。

「もし誰かが崖から落ちそうになったら、誰でも、とっさに手を伸ばして助けようするでしょう?人の本性は善なのです。」
真っ直ぐでやさしい方丈様の人の見方は、清らかな水のように、私の心を潤し、浄化してくれます。

方丈様は、続けて死刑囚「島秋人」の話をされました。
悲惨な生い立ちと貧しい生活の果てに、強盗殺人を犯し、死刑を言い渡された「島秋人」。
死刑囚になどなったら、人生の終わり、何の希望もないと…普通は考えます。
しかし、彼は、獄中で短歌の世界と縁を持ち、歌の才能を大きく花開かせるのです。。
そして、それをきっかけに、彼は、さまざまな良い人間関係に恵まれることになり、生きていく喜びを得ました。
最後は、自分の犯した罪の償いとして、心穏やかに死刑執行に向かったそうです。
人を殺める程の荒廃した人間性から、生きることを愛おしむ歌人へと、彼を変わらせたきっかけ。
それは歌の世界への導き手となった「小学校時代の教師」との縁でした。


IMG_9711.jpg

そして、方丈様のお話を聞いてから、二週間程たったころ…。
うさフレさんに、貸していた中野東禅師の本が、サイン入りで返ってきました。
(ラッキー)

「花無心」一見、ちょっと、仏教ぽくないのですが…。
これは良寛さんの漢詩で、やはり「縁」がテーマなのです。

花無心招蝶   花、無心にして蝶を招き。 
蝶無心尋花   蝶、無心にして花を尋ぬ。
花開時蝶来   花開く時、蝶来たる。 
蝶来時花開   蝶、来る時、花開く。
吾亦不知人   吾、また人を知らず。
人亦不処吾   人、また吾を知らず。
不知従帝則   知らず、帝則に従う。

蝶と花は無心の縁で招き、訪ねて出逢っているのです。しかも蝶が来るのを待っていたかのように花が開くのです。人と私もそんな風に何も計らうわけでもないが、そうなるべき時にそのように出逢っているのです。
計らい心は無いのに、自然の摂理、神仏の真理の催しに促されて居たのだなあ、という感謝の心です。

「良寛さん、花と空の人間学」中野東禅 より


IMG_9906.jpg

ふんっ。今年は、いいうさぎ縁があるといいポンね

ちゃま姫~~~





ネルケ・無方師の「現成公案」講座 その3

今回の講座のテーマ「現成公案」は道元禅師が著した曹洞宗の根本教典「正法眼蔵」の中の一巻。

IMG_0015_20121106184843.jpg

私は得度の前「修証義(正法眼蔵の重要な点を在家信者向けに抜粋したもの)」は、少し真面目に読みましたが、さすがに87巻の「正法眼蔵」はきちんと読むことができず…。
時間と気持ちの余裕ができた最近になって、、やっとこさ、一から真面目に読みだしたところ。
この意味でも、この講座は私にとって、とてもタイムリーで有難いものでした。

昔から、本が好きで、軽いエッセイや小説なら、半日くらいで、読んでしまう私ですが、この「正法眼蔵」は…。
全訳注の翻訳付きなので、言葉の意味を捉えること自体は問題ないのですが…なかなか読み進みません。

簡勁でありながら、詩のように美しい文章。
鋭利なまでに澄み切った、深い思索。
文字に込められた、仏教への純粋な情熱の波動。

これらに、いちいち胸を打たれでいて、読むのに、時間が、かかる、かかる…。
良寛和尚には「正法眼蔵」を感激のあまり、泣きながら愛誦した。というエピソードがありますが、その気持ちがほんの少し解る気がします。

さて、ネルケ師はこの右脳刺激率120%の正法眼蔵を、どんな風に左脳で論理的に分解してくれるのでしょう…。
わくわくです。

IMG_0008.jpg


受講者の年代は、三十代~七十代かな。
こうした講座の常連(うらやましー)と見られる、高齢者の方の姿が目立ちました。

講座の前には、カルチャーセンターのスタッフの方によるネルケ師の紹介があり。
「今日は、安泰寺をここで再現して欲しい!と、先生にお願いしました!」
と、スタッフの方が、言うのを受けて。
「安泰寺を再現と言っても、田んぼとか畑をここに持ってくる訳にはいかないですしね~。」
とネルケ師。

これには、思わず笑ってしまった、私。
作務というのは、重要な禅修行。
この言葉がネルケ師の禅に対する姿勢を現しているようです。

IMG_0022_20121119152838.jpg

A4版の用紙、両面にプリントされた「現成公案」のテキスト。
それを、しみじみと眺めながら、ネルケ師が。
「印刷しちゃうと、A4版。たった、これだけなんですけどね~。」
「そうそうそうそう。」
と、思わず胸の中で頷ずきまくってしまった。私。
そして、この頷きまくりは、この講座、一時間半の間、ずーーーっと、続き。
不遜な言い方ですが、共感する喜びを、弾むような楽しさで、感じ続けた講座でした。
そして、独りでポチポチと読んでいた過去の書物「正法眼蔵」に息が吹き込まれたような、今を生きる、血の通った思想に立ち返ったような…そんな喜びがありました。

IMG_8198.jpg

え!あれだけひっぱって、これだけポン?


じゃ、もうちょっと書かせてもらおうかな…


★ネルケ・無方師の「現成公案」講座 その4に続く。
(でも、次は違う記事入れます(^_^;; )

ネルケ・無方師の「現成公案」講座 その2

ネルケ・無方師の「現成公案」講座 その1の続きです。

IMG_9358.jpg

講座のテーマは、道元「現成公案」とは何か。

【講師の言葉】
道元禅師の教えの神髄、それは生と死、迷いと悟り、そして仏としての生き方です。
それを明瞭に説いているのが「現成公案」ですが、禅師のテキストはお坊さんの古臭い専売品では決してありません。「現成公案」のなかには現代人のためにも生きるヒントがたくさん含まれているはずなので、禅師の言葉の美しさにだけに目を奪われてはいけません。私は左脳を使い、テキストの一句一句にメスを入れてみたいと思います。道元禅師を一緒に分析してみませんか。

道元禅師の「現成公案」を左脳で捉え、ロジカルに理解する。。。
うーん、興味深い切り口。
詩的な美が大好きで、直観と感覚に依存してしまう私には、この講座のテーマもとっても楽しみです
実は、この講座の後には、坐禅のワークショップもあったのですが「虫も鳥もいない、土も見えない新宿の高層ビルで坐禅してもなぁ…」と、私は講座のみを申込みました。(だいたい、次の日、朝の五時からお寺で坐禅会)


IMG_0009.jpg

新宿、住友ビルの7階「朝日カルチャーセンター」で講座は開かれました。

IMG_0004_20121031194518.jpg

センターでは、こんなに可愛いうさぎさんがお出迎え。
最近は、お出かけ先で、必ずと言っていいくらい、うさぎさんを見かけます


この日、私は、開場時間よりも、かなり早い時間にセンターに着いてしまいました。
仕方無しにセンターの中を、カメラを持ってうろうろ。
講座中の撮影は禁止ということでしたので、ブログ用に廊下に貼ってあった、ネルケ師のポスターを撮影してたとこ。
その撮影の邪魔にならないよう、私の脇で歩を止めていてくれた人と目があいました…。
見上げるような大男、黒い着物にボロボロの絡子。今、撮影していたポスターとそっくり同じの笑顔。
ネルケ師でした。
「こんにちは。」と、にっこり笑顔のネルケ師。
「こんにちは。」と、びっくり顔の私。
思いがけない出来事に、私はカメラを構えたまま茫然と凍っていましたが、2秒程で、我に返り、廊下を通り過ぎたネルケ師をあわてて追いかけ。
「あっ、今、お時間大丈夫でしょうか?今回の講座を聞きに来ました。よろしくお願いします。」
と、挨拶をしました。
ここまでは、まぁ、よかった。
「えと、あのっ、あっ。本、読みました~っ。えと、サインしてもらえますか?」
おいこら~
「著書を拝読させて頂きました。お手数ですが、本にサインをお願いできますか?」
と、どうして言えない?私
トドメは、心よくサインを了解してくださったネルケ師が。
「お名前は?」と、私の名前の漢字を聞いてくださったのに対し。
「え~っ、漢字書けるんだ~。すごーいっ。」
との超失言
私はバカか
日本人でさえ、難解で、読みこなせないっていう、道元禅師の「正法眼蔵」の講義をする来日20年以上の禅僧に。
京都大学で博士課程をとっていた、超インテリに対して「漢字書けるんだ~っ」はないだろうっっっ

IMG_0007.jpg

そんな私の、大失礼な態度をまったく気にせず。笑顔で接してくれたネルケ師。
気取りのない、まるで少年のように無邪気な雰囲気と、澄みきったやさしい目が印象的でした。
高身長のネルケ師、チビの私は見上げながらの写真撮影です。

IMG_9383.jpg

ネルケ師のサイン。

PICT0190_20121031211251.jpg

えっ~?マジー?
チョーありえない~っ。チョーマヌケー。


ナニモ、テンカラ、トドメササナクテモ…

★ネルケ・無方師の「現成公案」講座 その3に続く

ネルケ・無方師の「現成公案」講座 その1

先日、10月20日の土曜日、東京新宿で開かれた「ネルケ・無方師」の講座を聴講しました。

IMG_9275.jpg

私がネルケ師のことを知り、興味を持ったきっかけは、雑誌「考える人」の特集記事。
ネルケ・無方師(俗名 イェンス・オラフ・クリスチャン・ネルケ)はドイツ生まれの僧侶。
曹洞宗「安泰寺」の住職です。

IMG_9270.jpg

檀家のない「安泰寺」では、自給自足の為の作務を行っています。

この写真は、修行者に作務の指導をするネルケ・無方師。
迫力ありすぎ……禅僧というより、工事現場の親方という雰囲気。。。

IMG_9272.jpg

食事風景。
自給自足の食事は菜食。


IMG_0016.jpg

坐禅は一日に五時間。


カルチャーとしての体験修行でも、寺の住職養成の為でもなく、純粋な修行の為に、誰にでも開かれた修行道場。
今の日本には、ほとんどない禅道場「安泰寺」と、異色の経歴を持つ僧侶ネルケ師の記事に強く心を惹かれ、私はすぐ彼の著書を探しました。

IMG_9278.jpg

最初に購入したのは(というか、私が雑誌を読んだ時点で出版されていたのが)「迷える者の禅修行」。
ネルケ師がドイツで禅に惹かれ、安泰寺住職になるまでの道程が書かれた本です。

これが、失礼かもしれないのですが…。まずは、とっても笑えます。
憧れの「禅的生活」をするべく、日本に渡ったネルケ師が出会い、愕然とした日本仏教の実情。
安泰寺での「地獄の作務修行」。
京都の名刹寺での決死の修行生活。
大阪でのホームレス禅修行…。
禅にまったく興味の無い人でも楽しく読めるのではないでしょうか。
もちろん、波乱に満ちた禅修行の体験記としてだけてはなく、ネルケ師の仏教に対する深い考察と叡智、彼の仏教に対する真摯な姿勢がとても魅力的。

この本を書かかれたネルケ師に逢ってみたい。
ネルケ師に触れ、彼が本に書かれたことを確かめてみたい。
兵庫はちょっとキツイけど、東京なら気軽に行ける~。
という訳で、新宿で開かれたネルケ師の講座を申込んだ私でした…。

★ ネルケ・無方師が住職を務める、安泰寺HPはこちら
★ ブログの写真は「考える人 2011年春号」よりお借りしました。
★ 長くなっちゃったので次回に続く~。

IMG_9815_20121030085603.jpg


前置き、長すぎっ!

すみません…ナニモテンカラオコンナクテモ





プロフィール

ふくふく

Author:ふくふく
3時のおやつよりうさぎが好き
のWEBデザイナーです。

ホーム「ふくふくアジール」

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新トラックバック

検索フォーム

カウンター