黒豆はぶどう豆の夢をみる。

今、キッチンではコトコト黒豆が煮られている。

この黒豆に数の子、それに伊達巻は自分で作ったものが一番おいしい…。と思い込んでいるので(笑)たいがいは手作りだ。

一時はそうとう料理に凝った事があるので、私は料理の本をたくさん持っている。その中でも、お正月料理関係の本は多く「今日の料理(十二月号、元旦料理特集)」が五冊、ほか三冊。
そして、毎年お節を作るたびに、それらにざっと目を通すのだけれども、面白いことに、この黒豆の煮方というのが、本ごとに、つまり料理人によって全て違う。
豆の漬け汁を捨てたり、捨てなかったり。
釘を入れたり、重曹をいれたり。
調味量はどこで入れるか。何時間煮るか?
など、個々、それぞれ、違った手順とレシピだ。

私はこれらをいろいろと試してみて、今は一番楽な手順で、自分好みのおいしい黒豆を煮ているのだけども…。
この楽とか、おいしいとかを通り越し、いつの日か試せる時がきたらいいなと憧れている、特別な黒豆の調理法がある。

辻嘉一さんの「ぶどう豆」という黒豆の煮方だ。
「黒豆を約四倍の米のとぎ汁に漬ける」に始まり。
「一昼夜おいて、その名をぶどう豆と改名する。」
など、その各項目、手順は由緒正しく、厳格な雰囲気に満ちている。
そして、思わずうなってしまうのは、豆の煮上がりの目安についての次の項目だ。
「二、三粒すくいとり、二メートル離れたタイルの壁に、力まかせに投げつけ、その瞬間、ぐちゃっと壁に張り付くつくのが、理想のやわらかさである。」
……。

背を伸ばし、ぶどう豆を、タイルに投げる夢をみる、私の年の暮れ。(^_^;;


☆ 写真は年越し蕎麦&大和芋の栗きんとん、てんてん仕立て(^_^;です。

子守歌

てんてん(と私)のお気に入りのCD

藤山道山「UTA」
「ゆりかごの歌」「赤とんぼ」「どこかで春が」など、穏やかで懐かしい唱歌が、驚くほど透明な音色の尺八で演奏されています。

てんてんはお布団に頭をのせ、これを聞きながら、私に頭をなでられるのが好き。
とけたお餅のようになって、とろろんと安心して眠り込みます。

1番のお気に入りの曲は、このCDのシークレットバージョンに収録されている「ななつの子」。

からすなぜなくの。

からすは山に、かわいい、ななつの子があるからよ。

かわいい、かわいい。と、からすはなくの。

かわいい、かわいい。と、なくんだよ。

山の古巣へきてみてごらん。

まぁるい目をしたよい子だよ。

「あーかい目をしたよい子だよ♪」と替えてうたってあげて。
てんてんの子守歌。

BTH1564216_0B.jpg

今度はお正月

クリスマスの飾りを取り除いてまわり、お掃除。
今度はお正月用の飾りをひっぱり出したり、買いにいったりして、元旦を迎える準備。

こういう事(行事にあわせた準備)は、好きなんだけど、好きなんだけど。
クリスマスからお正月へは、あまりにせわしすぎて(-_-;)これ、やっぱり、なんか違うよなぁ……。

「メリークリスマス&ハッピーニューイヤー」というように、アメリカではクリスマスから、お正月は殆ど一緒のお祝いで、当然、ツリーを引っ込めて門松を飾り直したりなんかはしない。これは、一神教でいってるから、人々の生活のリズムと昔からの行事が無理のない調和をしているのだと思う。

といっても、私、キリストの生誕のお祝いから、お正月という日本の神道の宗教行事に平気で入っていけちゃう日本人というのが、いい加減で、いけない人達とは思ってないんだよね。
たぶん、日本人には神と呼ぶもの、崇め、畏れ、奉るもの、の象徴は多数あるのが普通で、その感覚でキリスト教のお祝いも楽しく取り込んでしまっているのではないのかなぁ。
そう。うーんと、うーんと、乱暴に考えると……。
キリストさんも、八百万の神にいれちゃった。
とにかく、あちこち、そちこち、神さんの数が多いから一人ぐらい増えたって違和感がないんじゃ(^_^;?

んで、実はこの、いいかげんにみえる、日本人のなんでもあり信仰?が私は最近好きになっている。
今、世界のあちこちで起こっている紛争や戦争は、民族、宗教の対立が消せない火種になっているから。それがあまりにも凄惨で悲しすぎるから。

榊葉に心をかけん木綿しでて 思へば神も仏なりけり
(西行)

言うまでもないことなんだけど、この詠み手、西行は、お坊さん(仏教徒)。
で、その彼がこの歌を詠んだように…詠めたように。
深く体験しながら、何かを知ろう、愛そう、とすれば、それはもう、信仰で、その心から見えてくる本当に大事なものには、神とか仏とか、属性の区別はつけられなくなっていくんじゃないだろうか。
生きていく上で人々が拠所にしているものであれば、その全てを聖としてみていいんじゃないんだろうか……。
だから、仏教徒のお祭りにキリスト教が入ったり、キリスト教徒のお祭りに、イスラムのお祭りが入ったりすると……ホントいいと……そんな世界の方が平和なんじゃと、思ったり(笑)。

んて、でも(;_;)やっぱり、クリスマスからお正月は忙しすぎ……かな。

プロフィール

ふくふく

Author:ふくふく
3時のおやつよりうさぎが好き
のWEBデザイナーです。

ホーム「ふくふくアジール」

カレンダー

11 | 2004/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

検索フォーム

カウンター