スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の味覚

チューリップの後に植えたカボチャ。
実をつけてくれました~っ。

IMG_1296_20150926194528b3f.jpg

少々こぶりですが。ずっしり重いかぼちゃ

3週間ほど寝かせて(それでも刃を通すのが大変だった……)、調理

IMG_1310.jpg

まずは、オーソドックスに煮物

IMG_1743.jpg

そして、今日は、蒸したカボチャでカボチャ餡を作って、カボチャパン

IMG_1751.jpg

おいしくて、しあわせ~

世話なんて殆どしてないのに、ほっんと自然は有難いです。
お天道様ありがと~っ。

IMG_0007_201509262002467a2.jpg

ぽんちゃにはないんですかっ?

それが人参は不作で……




スポンサーサイト

秋の坐禅会2


先日の座禅会で、ご住職から頂いた、チラシをシェアします。

IMG_17234.jpg


希望舞台プロジェクト
「焼け跡から」

2015年11月3日(火)熊谷市文化センターー文化会館
■自由席、一般3000円(当日500円増、全席自由)
■高校生以下、障がい手帳をお持ちの方、1500円。

ホームページ 
http://www.kibou-butai.com/yakeato/index.html

戦争孤児たちを自分のお寺に引き取り育てた、長野県、円福寺の藤本幸那住職と孤児たちの実話を元にしたお話です。
この御住職は、全国のお寺が一人の孤児をひきとれば、十万人の子供たちが救われると、里親制度の先駆けとなったそうです。

施設は、愛の花園である。
憐れ(あわれ)な児童のために施設があるのではない。
施設があることによって、すべての児童が守られているのである。
国家は児童の父であり、社会は児童の母であり、施設は児童の家庭である。
児童はすべて、み仏の子である。

藤本幸那
(児童養護施設「円福寺愛育園」HPより)


近隣の方、よろしくどうぞ。

★このチラシをくださった御住職は委員会の方に参加をしているとの事で、300枚チケットをお引き受けになったそうです。
(安保法案のお話もチラッと触れていて、私はホッとうれしかったです。(^^))
もし、興味をもってくださった方があったら、私の方にメールを頂ければ、連絡先を返信いたしまーす。




秋の坐禅会


昨日は 暁天坐禅会でした。

PICT0005.jpg

清らかな澄んだ空気に、やさしく響く虫の音が、心を静かにしてくれました。
鳥や虫、自然の声は、雑然と散らかった心を、あるべき中心に引き戻し、整え、落ち着かせてくれます。
感謝。


座禅会の後には、みなさまとでお茶です。
美味しくてきれいな和菓子付き。

IMG_1716.jpg


その、お茶の席で、東堂さまのお話があります。

IMG_1733.jpg

昨日は「処々全真(碧巌録より)」
・「処々」というのは、あちこちという意味ではなく、すべてぜんぶ、いたるところという意味です。
・ですから「処々全真」とはいたるところすべて真理であるという意味です。
・つまりいかなる場所に行っても、仏法の発露の場所であるという雄大な自然の景観も一本一草がすべて仏の現れであるということです。


坐禅会の後は、一個だけ、お利口になって、ちょっとだけ、心が整って、気持ちがさわやか……。
秋の一日のよい始まりでした。



プロフィール

ふくふく

Author:ふくふく
3時のおやつよりうさぎが好き
のWEBデザイナーです。

ホーム「ふくふくアジール」

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新トラックバック

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。