スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貰ったの♪

IMG_1264_2016052810470048b.jpg
これね。もらっちゃった紫玉ねぎ2個~

IMG_3717.jpg
て、誰に貰ったんですか?。お母さん。

うん、自転車に乗ってた、知らないおじさーん

しっ、知らないおじさんですか?お母さん?

IMG_2742.jpg

うん。んでね。これも前にその人に貰ったの~

……
お母さん……そうゆうの、マズイんじゃないんですか?

ううん。大丈夫なのぽんちゃ。

ほらさぁ。私、毎朝、家の前の歩道を掃いてるじゃん。
んで、さ、その時には、そこを通る人誰にでも「おはようごさいまーす」って挨拶してんの~。

知らない人にもですか?

そう~。(つーか、殆ど知らない人だし。)
老若男女幼稚園児にも~
笑顔であいさつ~
……を、4年間(雨の日と休日はお休み)。

お母さん、それは………変な人ですね。

まぁさ。私もそう思ってさ。
家の前とはいえ、外のお掃除したり、知らない人に声掛けするのは、結構、最初は勇気がいったんだけど~。
やってみると、これが、すんごい、楽しいし~。
はき掃除をするといい気持になるし。
「おはようこざいまーす」って挨拶するとね、ちゃんとお返事が返ってくるし。
「お花きれいですね~」とか「毎年、チューリップ楽しみにしてます~」とか言って貰えるの~。

で、それで、今日は玉ねぎを貰ったと……。

うんっ
やっぱさ、これって、お掃除の力だよね
よい事してるな……て思ってくれたのかな~。

お母さん。ぽんちゃは思うんですけど。。。。
その人がお母さんに、玉ねぎくれた理由、それってお母さんが膝に穴のあいたボロイ作務衣きているのが、原因じゃないかと……。


……

IMG_3779.jpg

IMG_3719_20160528174158e6c.jpg

ボッ、ボロじゃないもん
これは、ダメージ加工なんだもん

……
うさぎのアップリケで継ぎはぎしとこ……。

スポンサーサイト

ブログトップページ修正しました~。


今朝はブログトップページの画面のバグ修正。
実は、スマホ表示になると、ヘッダ(最上部画像)が変形して、トップページアイコンが見えなくなっていたんですよね。
分っていたけど、結構めんどくさい修正なんで「まっいいか~どうせPCアクセスの方が多いよ~。」と思ってたら、甘かった
↓検索アナリティクス(Google 検索でのパフォーマンスを分析)でこのブログの端末アクセスの種類を調べてみたら、モバイルクリックがPCクリックを上回っておりました
名称未設定-1
今までモバイルでアクセスをしてくださった皆様、ごめんなさい
謎のオレンジ色の画像は直しました。

それにしても、今年の初めにグーグルがSEOにモバイルユーザービリティを本格導入してから、すごい勢いでキーワードサーチアクセスの順位が変わってきましたね~
端末の変化によるニーズの移り変わりはすごいです。
また、HP作成言語も私がこの仕事を初めた時はHTML言語が主でしたが、次にCSSが入り、HTML5、最近はCMS、PHPと変化しまくっています。

IMG_1194_2016050610501519c.jpg

おかーさん頭悪いから、ついていくの大変ですね~

ま、まあ、そうです~


在家得度について(説明編)

このサイトの検索アナリティクス、アクセス解析結果のぶっちぎりトップキーワードが「在家得度」だったということを、以前、ここに書きました。
http://chamahime.blog66.fc2.com/blog-entry-587.html(参照ブログ)
その後調べてみたとこ、現在「在家得度」のアクセス数はその時の倍に

私のブログなんかが「在家得度」キーワード検索上位になるというのは、なんか問題あるなぁ。と思うのですけど。
こうなったら、とりあえず「在家得度」について知っているだけ書いていくのが、私のお役目?なのかもしれませんね。。。。
(コメントで質問とかも頂きますし。)

ということで、今回は「在家得度」について説明編です。

まず「得度」とか「出家」とか「受戒」とかは、それぞれの宗派によって、意味や、それを得るプロセスが微妙に違います。ここに私が書くことは「曹洞宗」の場合ということを了解してください。
そして「在家得度」ですが、簡単に言うと、在家(今までの生活形態)のまま、師僧に戒を頂き仏弟子になることを言います。
ですから、基本的に「在家得度」したからといって、世間的な体裁は全く変わりません。

★お寺などの僧侶となるには、「出家得度」をしなければなりません、これには宗派で定められた修行が必要です。

★得度を悪用し、戒名があれば戸籍の改名ができるという「出家詐欺」というものがあるようですので、どうぞお気をつけください。
参照サイト→https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%87%BA%E5%AE%B6%E8%A9%90%E6%AC%BA

この「在家得度」「出家得度」「受戒」についてのわかりやすい説明が、中野東禅師が書かれた「プチ出家入門」にありました。以下に引用させていただきますので、ご参考にしてください。

中野東禅著「プチ出家入門」より。
■プチ出家とは何か?
「得度」とは、迷いの世界から悟りの世界へ渡ることができた、という意味。「度」は渡る」という意味です。この世は損得、勝ち負け、愛憎、生老病死などの苦しみの世界で、煩悩を拠り所として振り回されている世界です。悟りの世界に渡るというのは、苦しみのもととなるこの世的な物差(煩悩)を捨てて、悟りの物差しを拠り所にするということ。ここで言う「悟りの物差し」とは「仏の生き方」です。師僧についてその物差しを身につけ「仏弟子」になる誓いを立てること、これを「得度」と言いますが「出家得度」「在家得度」では、その形、儀式、誓願する戒律などが少し違っています。また、宗派によっては、出家・在家の区別をしないところ(浄土真宗)もあります。
……中略……
「在家得度」とは、寺に入るわけでなく、在家のまま得度をすることを言います。ただし在家のままではあっても、出家の決意をした在家な訳で、そこが一般の信者とは異なるところです。「在家得度」には二種類あります。在家ではあるけれど、頭をまるめ、僧服を着るなどして僧形になる、あるい在家のまま寺院に通って奉仕する……などの形を「入道」といいます。平清盛も、武将としての生活さのままに僧形となったので「清盛入道」と呼ばれましたが、武将が入道となったのは、主に戦場で死なないようにとの願いからだろうと思われます。通常の在家得度だと、剃髪も形式だけで衣服も僧服に改めるわけではありません。
「出家得度」にしても「在家得度」にしても、仏弟子となる誓いをたてることは共通です。
……中略……
戒律のある宗派では、師についてこの「戒」を受け、それを守る誓いを立てた者に「戒名」を授けます。この「戒名」は仏弟子であることの証明のようなものです。出家の決意まではできないが、生きているうちに仏弟子になろうという人は、「戒」を受けて、戒名をいただきます。これを「在家受戒」と言います。生きているうちにそれができなかった人は、死んでから「授戒」を受け、戒名を授かって、仏弟子としてあの世に旅立っていくわけです。ただし、浄土真宗と日蓮宗には戒がありませんから、「戒名」とは言わず、「法名」と言います。
 さて本書のテーマでもある「プチ出家」ですが、最初の「出家得度」は本格的に出家するわけですから、「プチ」ではなく「出家」。それよりもやや軽い「在家得度」もう少し軽い「在家受戒」が本来の意味でのプチ出家なのだと思います。

引用終わり。

この引用をさせていただいた本「プチ出家入門」中野東禅著は、仏教に心を惹かれる方、ちょっと仏教を体験してみたい方にお勧めの本です。

ここにアクセスをしてくださった皆様が、どうぞ良い仏縁に恵まれますように

IMG_9174.jpg
私が得度をした際、掛けられていた円覚慈雲老師の書。


プロフィール

ふくふく

Author:ふくふく
3時のおやつよりうさぎが好き
のWEBデザイナーです。

ホーム「ふくふくアジール」

カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。