FC2ブログ

【鎌倉観音霊場巡りの旅その一】

 先日の6月19日にお寺さん主催の日帰りバス旅行「観音霊場巡り」に行ってまいりました。「仏日庵」「東慶総禅寺」「浄智寺」そして御昼はさんで、江の島観光という、ゆったりとした日程でした。

 今回お参りをした三つのお寺は全て臨在宗(禅宗)です。
庭という見事な芸術で仏教の精神を表現した、臨在宗の僧「夢窓疎石国師」に見られるように、臨在宗はとても庭を大事にします。
これは仏教「山川草木悉皆成仏」この世のもの全てが「仏」の顕現であり、自然全てに仏が宿るという教えに添ったものなのでしょう。
一本の草、一枚の瓦、庭に転がる石ころまでもが法界を含み、それらは静かに耳をすますものに、霊妙な真理を語りかける。
・・・・・夜になれば、僧侶たちが坐禅を組むという庭を静かに眺めていたら、ふと道元禅師の和歌が思い浮かびました。
「峰の色 谷のひびきも 皆ながら わが釈迦牟尼の 声と姿と」

IMG_0167_2019062817213967a.jpg
円覚寺 居士林

IMG_0326_20190628172140e2b.jpg
浄智寺、仏殿の裏手にある書院。
緑にはえる春紅葉の赤。

IMG_0318_20190628172143ffc.jpg

IMG_0269_20190628172141749.jpg
限りなく人為を感じさせない庭には、穏やかな顔の石仏の微笑みがありました。

IMG_0244.jpg
円覚寺

IMG_0180_20190628172144dc8.jpg

こんな感じで納経(般若心経を読経)をさせていただきました。

では、では。また~この次は禅寺のお花偏です~。











日本が売られる

堤未果さんの最新刊「日本が売られる」を読み始めました。
堤さんは以前の著書で、グローバル企業に乗っ取られ、ボロボロにされたアメリカの現状、そして政治とグローバル企業、世界経済が結びつき、それが世界を覇権してく恐ろしいカラクリ(構造悪)を膨大な資料と、地道な現場取材を元に書いています。
そして、今回のこの本には「日本という国土、そして日本の民が」アメリカのようにボロボロにされていきつつある現在の危険を書いています。
今、丁度モンサイトの除草剤の「ガン問題」が、ネットの一部で騒がれ、また「立憲」から立候補した須藤元気君の掲げた政治課題がこの農薬問題なので、そのあたりを、この本からブログに抜粋します。
日本の官僚のモンサイトへのフドぶりが凄い。
いや、もう、フドを超えて、売国奴かも。。。。

---------------------------------------------------------------------------
【日本とアメリカは二人三脚でグリホサートは安全だ】
使っているうちにどんどん使用量の増えるグリホサートが人の健康に及ぼす影響について、やがてあちこちから疑問の声が出始める。わずかな量でも生き物の腸内細菌や神経系統、消化器や生殖器に、マイナスの影響があることがわかってきたのだ。
アメリカのソーク生物医学研究所のデービット・シューベルト博士は、グリホサートの蓄積が、ガンを含む多くの健康リスクをもたらすと警告を出した。
アルゼンチンでは、微量のグリホサートを使った実験で奇形の発生が確認され、グリホサートに汚染した地下水によって、周辺地域の住民にがんが平均の41倍発生、白血病や肝臓病、アレルギーなどの健康被害が報告されている。
オランダ、デンマーク、スリランカ、コロンビアはいち早く使用を禁止し、ヨーロッパでも反対の声が大きくなってく。
一方日米両政府は、この間ずっと二人三脚でグリホサートの危険性を否定し続け、製造元のモンサイト社は、健康被害を示す数々の報告は化学的根拠に乏しいと批判しながら、安全性を主張している。(ただし、その調査データは未公開だ)
中略
グリホサートに耐性を持つ雑草の出現については、さらに強力な除草剤「2、4-D」で枯らせば良いという結論になった。「2、4-D」はモンサイト社がベトナム戦争時代に製造していた枯葉剤の主成分で、これならグリホサートが効かなくなった雑草でも、間違いなく全滅させられる。
中略
2018年5月9日。厚労省の「農薬・動物用医薬品部会」は、除草剤「2、4-D」の残留基準を大きく緩めることを提案した。これによって小麦・大麦・ライ麦においては、今までの四倍、りんご、西洋梨、ジャガイモやレモンなど、その他、複数の農産物に対しても枯葉剤の使用量が今より増えることになる。

---------------------------------------------------------------------------

60990479_2845125755713085_1608612509600710656_n.jpg
軍事に拠らずに世界・他国(日本)を侵略する。
そういったグローバル企業のやり方が書かれています。
その犠牲となるのは社会的・経済的に弱い立場のものからです。

60915045_2845125789046415_7256771782634373120_n.jpg
実はグロバの最大の犠牲となっていたのはアメリカ。
そして魅力的な資源を持った国々。
この本でアメリカの貧困の現実やリビアのカダフィ大佐の失脚の真実を読み、自分がマスコミの情報コントロールの中にいたことを知り呆然としました。

61125694_2845125842379743_6248363128535384064_n.jpg
グリホについて他国が規制を厳しくする中、2017年12月に残留基準値を最大400倍緩和。
日本はグリホ使用量絶賛拡大中!

61049749_2845125889046405_2423449036368379904_n.jpg
遺伝子組み換え作物は家畜の飼料などにも使われていますね。
グリホサートは、今までは体内に残留することはないと言われていましたが、それが事実ではないことが明らかになりました。
たとえ、グリホを直接に摂取することを避けても、食肉を通して、グリホサートを摂取することがあるのではないではないでしょうか。

60804230_2845127092379618_2545132602394673152_n.jpg
堤さんの本やネットで知った、グロバと政治の結びつき、世界政治の構造を他で確認をしたくて読みました。
・・・・いや、ホント「トランプ」が当選してくれてよかった。
アメリカ国民が「トランプ」を当選させた理由がよく理解できます。




追悼

私のお世話になった、元埼玉弁護士会会長、日本心霊科学協会理事(シルバー・バーチなどのスピリチュアリズム思想・哲学の普及を目指す団体)をなされていた小川修先生が亡くなられました。
先生は霊的真理に対する深い見識を持たれ、そしてその真理を実行した方でした。
やさしく、明るく、暖かく。
いつでも、どんなときでも、弱い立場の側に立って、行動をしてくださる方でした。
そのお人柄を思い出せば思いだすほど、とてもせつない。
哀悼の意を表し、先生を偲び、先生の作られた曲をいくつかをここにアップします。(CDの曲を私が動画化させていただきました。)
先生、今度はあちらの世界でご活躍ください。

合掌

小川修 作詞/作曲
「DOG」


「うしろの正面まだいたの」


「みんなで踊ろう」


「思い出は夢の中」





プロフィール

ふくふく

Author:ふくふく
3時のおやつよりうさぎが好き
のWEBデザイナーです。

ホーム「ふくふくアジール」

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

カウンター