スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログの楽しみ…。

先日、友人から本を貰った。
FI1727826_0E.jpg


仕事関係の知人から、彼のところに、20冊程贈呈本として、送られてきたものを配っているという。
「神戸酒鬼薔薇事件にこだわる訳/A少年は犯人か 後藤昌次郎著」
著者は弁護士、多くの冤罪事件を手掛けてきた人らしい。

私は、冤罪事件については、色々な本で読んでいるし、また自分の体験からも、検察、警察を、公正、正義だけで動いているものとは見てはいないけれども、神戸酒鬼薔薇事件の犯人はさまざまな理由から冤罪とは思えない。

その本を、拾い読みをしたという、彼から話を聞くと、著者が冤罪理由として、あげているのは、主に、A少年の自白の整合性の無さだという。

「たとえばね、犯行に使われた「金ノコギリ」を、A少年は「糸ノコギリ」と言っていたんだ。それで最初は調書に糸ノコギリと記していたのに、金ノコギリ発見後は、それを金ノコギリと直してある。」

「えーと、だって、彼の自白で、糸でも、金でもいいけど、犯行に使われた「ノコギリ」が出てきたんでしょう。そんな日常使用しない物の名前の、言い違いや、思い込みは、結構、誰でもあるよー。」

「いや、男子は、小学校の工作の時間に、糸ノコギリや金ノコギリを使うはずだから、間違えるのは、やはり、少しおかしい。」

「えー。おかしくないよー。人間の物に対する認識なんて、かなりいい加減だよー。そうそう、最近ね「エスカレーター」と「エレベーター」をはっきり区別して覚えていない人のブログを読んだの。その人は「箱が上下する乗り物ってエレベーター?」って感じで書いてて…。でね、その人、お医者さんなんだよ。そういう、高学歴で優秀な人でもそんな事があるんだから…。私だってね…(まだ続く反論)」
と、言いながら、私。
まさか、このブログの開設者は、自分の日記がこんな議論?の反論のネタにされてるなんて思いもしないだろうなー。
これが裁判だったら、検察側証人で、「エレベーターとエスカレーターをごっちゃにして覚えている医師の証人」なんて呼び出されちゃったりして…(ある訳ないでしょ(^_^;;>自分)。
と、くだらない想像をして笑えてきた。

世の中にはいろんな人がいるよね。うん。
そんな、一見しては見えないものを、見せてくれるブログが、私は好きかも。

え、糸ノコ議論の行方?
私が勝ったのかなぁ。。。。
私の低レベルな反論に、呆れはてて、相手が黙っただけって気もするけど(^_^;;。


追記。
coco.さん。さんネタにしてごめんなさい。

もひとつ、追記。
私も友人もこの本をちゃんと読んではいません。
たぶん(いや、絶対に(^_^;;)、この会話のレベルなんかより、しっかりとした信頼性のある本だと思います。

しつこく追記。
ちゃま姫、本は食べ物じゃないってばっ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

ふくふく

Author:ふくふく
3時のおやつよりうさぎが好き
のWEBデザイナーです。

ホーム「ふくふくアジール」

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。