スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウランバーナ

お盆は仏教の「盂蘭盆会」の略称と言われています。
「盂蘭盆会」はサンスクリットの「ウランバーナ(死者の苦しみ)」から来ていると言われ、「盂蘭盆会」は死者の苦しみを救う法会です。
そして、これが日本古来の祖霊を祭る行事と結びつき、現代のお盆の行事となったそうです。


FI1724266_0E.jpg

ということで、茄子の牛さんと、キュウリのお馬さんを作ってみました。

私はお盆の度に、この野菜の馬と牛をみて
「あれは何なんだろう?なんだか動物のように見えるけど、まさか、こんな神聖な行事にそんなモノは作ったり、飾ったりするはずはないし?」と長い間、疑問を抱いていました。
「あれはどんな意味?」と聞けばよいのだろうけど、いい大人が、そんな事を聞くと、笑われそうな気がして。
で、馬と牛と知って力が抜けたー。(笑)

この野菜の動物は仏さまの乗り物で。
「行きは馬で早く家に来て、帰りは牛でゆっくりとあちらの世界に帰ってね。」
という意味なんだそうですね。

ささやかだけど、たくさんの供物を用意しました。
どうか、早く来て、沢山食べて、くつろいで、ゆーっくり帰ってね。。。


FI1724266_1E.jpg

…………ひいき。



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふくふく

Author:ふくふく
3時のおやつよりうさぎが好き
のWEBデザイナーです。

ホーム「ふくふくアジール」

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新トラックバック

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。