スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲府までドライブ その3

武田信玄の菩提寺「恵林寺」。

FI1583281_0E.jpg

この寺は1582年に織田信長方に、焼き打ちされました。(後、徳川家康が再建)
その時、この寺の快川禅師は「安禅不必須山水 滅却心頭火自涼」を残し、自ら火の中に入り、燃えさかる山門上に、微動せず鎮座したといいます。


安禅不必須山水(あんぜんかならずともさんすいをもちいず)
やすらかな禅を行うには、環境は関係なく。

滅却心頭火自涼(しんとうめっきゃくすればひもおのずからすずし)
空性を悟れば、火も涼しく感じられる。


 …………合掌。


泣きたいくらい煩悩だらけの私。

ごくわずかでも、この美しく気高い態度にあやかりたいです。

写真は、重要文化財に指定されている「四脚門」

FI1583281_1E.jpg

なかに入ってみると、簡素といっていいくらい、禅の精神が漂う作りの建物。
しん、とした空気に心が休まります。


FI1583281_2E.jpg

そして素晴らしかったのが、夢窓国師が築庭した庭園。
石、木々、渓水、池、が重層におかれ、その立体感が庭をとても深く広く見せています。

池は「心の字池」といい、心の字をかたどっているそうです。

大きな鯉がしあわせそうに泳いでいました。
とても長生きをしているのでしょうね(^ ^)。


FI1583281_3E.jpg

私は不幸よ…。
泣いてやる。。。




コメント

非公開コメント

プロフィール

ふくふく

Author:ふくふく
3時のおやつよりうさぎが好き
のWEBデザイナーです。

ホーム「ふくふくアジール」

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。