風と風車のはなし ふくふくの感想編

という訳で読ませていただいた「風と風車のはなし」

本の前半は、主に世界の風の種類や特性。気象学の風。風と生活との関わりなどが書かれています。
オランダの風車や、日本の鯉のぼりのなどよく知られた話から、風の楽器、エオリアンハープなどちょっと変わった、風にまつわる話などが書かれ、楽しみながら、面白く読めます

第七章以降、後半は、風車の基礎原理、種類、性能、コスト、資源量、利用法。風力利用の過去から現状、将来の見通しまでが写真や図表を用いて、分かりやすく、ロジカルに書かれています。
風力発電の、CO2排出量が(火力などに比べて)非常に少なく、環境負荷低減効果が大きいということも、具体的な数字が図で示され、とても理解しやすい。
ホンの一部「パワー係数」とか「周速比」「ソリディティ」など、耳慣れない単語も出てきたりはしますが、専門的知識はなくても(物理赤点の私でも(^_^;; )すんなりと読み進むことができ、風力発電の概要を掴むことができます。

そして、所々に、風にまつわるお話を書いたコラムがあり、それからは筆者の見識の広さと豊かな感性を感じることができます。西行や芭蕉の句、江戸時代の禅僧、仙和尚の書画などもあり、和歌が好きな私には、ここが一番楽しく読めたかもしれません。(^_^;;

IMG_0358_20110618180948.jpg


……て、て、あの本を読んで、感想はそんだけ?しんじらんなーい。
いくら物理が赤点のふくふくでもさ、それはないんじゃないのぉ。
アマゾンのレビューだって、もっとマシよ。

私も読んでみたけど、中々、いい本だったわ。
風車のことだけでなく、これからのエネルギー問題や環境問題を考えるためにとっても参考になる本よ。
ふくふくの感想だけじゃ、もったいないから、次のブログでは、私の感想をアップするわね。

コメント

有り難うございます(^O^)/

同じく物理赤点のnmzkには“風にまつわるお話を書いたコラム”が面白そうe-343
ちゃま姫さまの感想も楽しみですv-290

Re: 有り難うございます(^O^)/

◆こんにちは、nmzkさん。(^ ^)
コメントありがとうごさいます~。(三つも~(ノ_-。)うれし)

同じく物理赤点のnmzkには“風にまつわるお話を書いたコラム”が面白そうe-343
> ちゃま姫さまの感想も楽しみですv-290

えーっ、nmzkさんが物理赤点~?
ちょっと信じられないかも。
理系に強い、優等生っぽい感じがします

コラムの部分は、エネルギーの本なのに、風雅な雰囲気で、よかったです。
機会があったら読んでみてください~。




非公開コメント

プロフィール

ふくふく

Author:ふくふく
3時のおやつよりうさぎが好き
のWEBデザイナーです。

ホーム「ふくふくアジール」

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

カウンター