スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハビエル・ガラルダ神父の勉強会 そのⅠ

先月、上智大学で開講されている、聖書の勉強会に行ってきました。

お寺に通っている、仏教徒の私が、なぜキリスト教の勉強会に?というと。。。。
これ↓

IMG_1573.jpg

20年近くの間、何度も読みかえして、ボロボロになり、おまけにうさぎ(先代のてんてん)にまで齧られているこの本。

「自己愛とエゴイズム」
「自己愛と献身」
「アガペーの愛、エロスの愛」

この著者である、ハビエル・ガラルダ神父にお逢いしたかったのです。

この本、思想のベースにあるのはキリスト教なのですが、聖書からの引用はあまりなく、圧迫感のある宗教色は感じられません。率直で簡明な表現で、並びあい、寄り添ってやさしく語りかけてくれるように、目指すべき生き方が書かれています。


さて、私の家から最寄の国鉄の駅まで車で30分、そこから新幹線で一時間弱、中央線に乗り換え…。
やっとこ、四谷の上智大学に着き。

IMG_1446.jpg


売店のシスター(とっても感じのよい素敵なシスター(^ ^))に勉強会の場所を聞いて、どうにか教室まで、たどり着いたはいいけど。

IMG_1443.jpg


全く、勝手のわからない私。

聖書も持ってきていないし、聖書の勉強会って何をするかもわからない…。
隣に座らせていただいた、品のよいご婦人に。
「すみません、私、ここ初めてで、何もわからなくて。」
と、助けを求めて?話かけてみると。
にっこり笑った、笑顔の素敵なそのご婦人。
ガラルダ神父がいらっしゃるまでの少しの時間、とても親切に色々と教えてくださり、私をヘルパーさん(神父さまのお手伝いをなさる方)に、紹介してくださりました。

はるばる遠方から勉強会に来るというのは、やはり、強い信仰心があってとのことと、捉えられたのでしょう。
ヘルパーさんや、そのご婦人、そのほか色々な方に。

「これから受洗をなさるんですか?」
と聞かれ。

「いえ、すみません。実は私、仏教徒なんです。
となんだか申し訳ない気持ちで答えたのですが。。。。

「そうですか、実は私も家が仏教だったんですよ。もう少し。時期がくれば、受洗したいと思われますよ。」
と、返され。

「・・・・・・・・。」

うっ、言葉は通じているけど、意味が通じない~(ノ_-。)
日本で仏教徒と名乗るむなしさを、つくづく思い知らされました。。。


さて、ガラルダ神父が、いらっしゃり勉強会が始まります。
お目にしたガラルダ神父は、私が本から受けたイメージそのまま。
やさしく、あたたかで聡明なオーラが全身からあふれた方。
ちょっと、茶目っ気のある、ユーモラスなところも、私の想像していたとおりの方です。
姿勢もよく、若々しく、とても79歳のご高齢には見えません。

勉強会は、聖書の一節をテーマとして取り上げ、それをガラルダ神父が解説していくもの。
聖書の内容は、初めて知ったものでしたが、講釈は私がよく知っている、ガラルダ神父の本そのままの内容。
とても心地よい響きのガラルダ神父の声とともに、私の身に染み入っていきました(^ ^)

勉強会が終わってから、少しだけガラルダ神父とお話しもでき、みなさんに親切にしていただき(私のクリスチャンの方に対する印象がレベルアップしました)とっても嬉しく楽しかった勉強会。
お隣に座った女性から、ガラルダ神父からも「また、いらっしゃい。」とやさしい言葉を掛けていただいたし、また、ぜひ参加したいのだけど…。
片道約二時間。
う、うーん。

IMG_1419.jpg


写経に座禅にフルートに、デート(?)にっ。

その上、キリスト教の勉教かいっ?!
うさぎ放置!家庭遺棄っ!絶対反対!



あ、やっぱし。。。。

★ガラルダ神父の本に興味のある方、こちらから。
(アフェリエイトじゃないですよ~(笑))




コメント

充実していますね(^O^)/

私も来月は正倉院展と東大寺ミュージアムを見学に行く予定ですe-343

ちゃま姫さまもたまには瞑想などをして、怒りをお静め下さいv-342

Re: 充実していますね(^O^)/

こんばんわnmzkさん。(^ ^)コメントありがとうございます~。

私も来月は正倉院展と東大寺ミュージアムを見学に行く予定ですe-343

おおっ、素敵ですね~。正倉院展、私も見たいです。

一人の時間を充実させるのって、ちょっと意志力がいるけど、本当に楽しいです。
nmzkさんは達人ですね。(^ ^)
(私もお寿司屋さんで一人で飲めるようになりたいな~)

> ちゃま姫さまもたまには瞑想などをして、怒りをお静め下さいv-342

∩ ∩
-ェ-

わかった、

...................................................

ぐーぐーぐー。 


ギターを持った宣教師

20年程前、学生時代、ガラちゃんの講義大好きでした。「自己愛とエゴイズム」「自己愛と献身」は人間学の講義で使いました。生粋のラテン人であるガラちゃんは、学生達と盛り上がるのが大好きで、最後はガラちゃんのギターと歌で「ラ・バンバ」を踊りだす というのが、お決まりのパターン。因みに、結婚式の司式もしてもらいました。

Re: ギターを持った宣教師

◆こんにちは、morimama さん。(^ ^)
コメントありがとうございます~(^ ^)♪

> 20年程前、学生時代、ガラちゃんの講義大好きでした。「自己愛とエゴイズム」「自己愛と献身」は人間学の講義で使いました。生粋のラテン人であるガラちゃんは、学生達と盛り上がるのが大好きで、最後はガラちゃんのギターと歌で「ラ・バンバ」を踊りだす というのが、お決まりのパターン。因みに、結婚式の司式もしてもらいました。

ガラルダ神父の講義を受けてらしたなんて、とっても、とっても羨ましいです。

ガラルダ神父の本は気取りがなくて、まっすぐで、明るく、やさしいのですが、本人もそんな感じの方でした。
ガラちゃん(なんか怪獣みたい…(笑))って、歌って、踊って、司会もできる、神父さんなんですね。
素敵な結婚式でしたでしょうね~。
いいなぁ…。ますますファンになりそうです。




非公開コメント

プロフィール

ふくふく

Author:ふくふく
3時のおやつよりうさぎが好き
のWEBデザイナーです。

ホーム「ふくふくアジール」

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。