スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中有のちゃま姫

早いもので(ブログの更新は遅いけど…)ちゃま姫が還ってから、一か月近くになりました。

仏教では、亡くなってから四十九日までの間を「中有」といい。
この期間中、死者は、あの世と、この世の狭間をフラフラしていると考えます。
(浄土真宗除く)

そして、この期間に、死者の生前の行いの審議が、下記の諸仏により、なんと七日毎(あの世は暇なのか?)に行われるというのです。

秦広王 しんこうおう  不動明王  初七日(七日)
初江王 しょこうおう  釈迦如来  二七日(十四日)
宋帝王 そうていおう  文殊菩薩  三七日(二十一日)
五官王 ごかんおう   普賢菩薩  四七日(二十八日)
閻魔王 えんまおう   地蔵菩薩  五七日(三十五日)
変成王 へんじょうおう 弥勒菩薩  六四日(四十二日)
泰山王 たいざんおう  薬師如来  七七日(四十九日)

死後の審議の、決めて(弁護?)となるのは、遺族の追善供養(布施行)。
遺族からの追善供養により、死者は地獄に落ちることなく、よい死後と転生を得ることができるとか…

ちなみに、中有期間を過ぎても、再審(敗者復活戦?)があるので気は抜けません。。。

平等王 びょうどうおう     観音菩薩 百ヶ日忌(百日)
都市王 としおう        勢至菩薩  一周忌(一年)
五道転輪王 ごどうてんりんおう 阿弥陀如来 三回忌(三年)

実のとこ、私、この地獄とか審判というのは信じていないんですが、この追善供養は方便として、また遺族の悲しみの浄化儀式として、とってもよくできていると思っていたりするのです。

…ということで、ちゃま姫が、還ってから、この追善供養に全力投球な私。

四十九日までに、写経108枚に取り組んでいます。

IMG_9535_20121014205631.jpg

ただいま、82枚。
もう一息です~

IMG_9503.jpg

はたして、うさぎに死後の審議があるかどうかは別として
毎晩、私が上げる般若心経を、側に来て、じーっと聞いていたちゃま姫です。
きっと、この供養を喜んでくれるでしょう…。

布施おきて われは乞ひ祷む あざむかず 直に率行きて 天道知らしめ   山上憶良


IMG_9851_20121014204438.jpg


まぁさ…。
なんでも、気の済むようにしてよ

中有だって、ちゃま姫ららら~♪





コメント

非公開コメント

プロフィール

ふくふく

Author:ふくふく
3時のおやつよりうさぎが好き
のWEBデザイナーです。

ホーム「ふくふくアジール」

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。