スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涅槃会

二月のイベントといえば…。
バレンタイン~
……ではなくて(つーか、私、あんまし、関係ないし~)

仏教徒の二月のイベント?といえば、お釈迦様が亡くなれたとされる日、二月十五日の「涅槃会」。
この「涅槃会」の「涅槃」とはサンスクリット語「ニルヴァーナ」の音訳で「吹き消された」の意。全ての煩悩の炎を消し去った、完全なる悟りと永久の安らぎの状態を示します。

IMG_9188.jpg

という訳で、昨日は、龍淵寺で行われた「涅槃会」に行ってきました。


涅槃会では、「涅槃図」がかけられ「遺教経」があげられます。

IMG_0003_20130216160158.jpg

IMG_0001_20130216155051.jpg

遺教経は、お釈迦様の最後の説法。つまり遺言のお経。
欲を克服し、戒を守って身心を制御し、すみやかに悟りに至る大切さが説かれているものです。
(私の大好きな明恵上人は、この「遺教経」に大きく感化を受けられたそう。)

IMG_0009_20130216154655.jpg


お釈迦様の入滅が描かれた「涅槃図」
沙羅の木の下で「頭北面西右脇」で横たわるお釈迦様。
その周りを、お釈迦様の死を嘆く弟子や人々が、囲んでいます。
右上の方には、お釈迦様を生んで、すぐに亡くなられたお釈迦様の母、摩耶夫人の姿があります。
お釈迦様が危篤と知り、摩耶夫人は、お釈迦様の為、天上から薬を投げたのですが、あいにく薬は木の枝に引っ掛かってしまいました。。。。(投薬という言葉はここから来たとか…。)

IMG_0011_20130216172801.jpg

そして「一切衆生悉有仏性(全ての生きとし生くるものは、仏性を備えている)」と説いてくれた、お釈迦様の入滅を嘆き悲しんで、あらゆる動物が集まってきています。

もちろんうさぎもいます。。
うさぎもお釈迦様の死を深く悲しんで。。。

IMG_0011_20130216173954.jpg

悲しんで…いるのか?

IMG_9831_20130216175505.jpg

悲しくたって、痒いわよ。


コメント

非公開コメント

プロフィール

ふくふく

Author:ふくふく
3時のおやつよりうさぎが好き
のWEBデザイナーです。

ホーム「ふくふくアジール」

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新トラックバック

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。