河合隼雄さん

先月のことになりますが、河合隼雄さんが亡くなられました。
2002年から3期に渡り、文化庁長官も勤めていらしたので、ご存知の方も多いと思います。
彼は日本人で初めてユング派分析家の資格を取得、そして臨床心理療法家として、多くの方の治療に携わり、またその見地から、独自の心理学の世界を構築していかれました。

私が初めて、河合さんの本に触れたのは、もう十五年以上前になるでしょうか…。
どんなきっかけで彼の本を手にとり、そしてどの本に最初に手にとったかは忘れてしまったのですが、それからずっと河合さんの本を読み続けてきました。
それは社交や処世術が苦手で、心に非常に弱い部分を持った(と自分では思っている(笑))私にとって、生きていくための素敵な糧であり、いつも側に置ける、やさしい助けでした。

5


文章は、本は、人を奥深くまで、映し出します。
ちょっと有りえないくらいの、微妙な偶然の重なり(シンクロニシティ?)で、私が会うことのできた、河合隼雄さんは、私が彼の本から感じていた通りの人でした。

1


写真は1997年ですから、河合さんは六十九歳。
でも、その第一印象は「軽やかな少年」それに「禅僧のような方」だったのです。


「禅僧の雰囲気」
この部分は、河合さんの心理療法家としての姿勢が、そのまま、彼に現れていた気がします。

河合さんは、著書「ユング心理学と仏教」の中で、彼が治療者として、クライエントと向き合う時のことを、禅宗二つを用いて、こう書いています。

私は心理療法でクライエントと向き合っている時、曹洞宗の僧が強調する「只管打座」という言葉を想起することがあります。
「治療」とか「解決」とか言うことにとらわれずただ座っている。そのように感じる時があります。
これはそうなっている時がある、というのであって、それを目標にしているのではありません。

臨済宗の「公案」という点でいえば、私はクライエントの訴えを禅の公案に似ているなと感じることがよくあります。
禅の「考案」の有名なのに「両手を打ち合わせると音がするが、片手のはどんな音か」というのがあります。
素人判断で考えても、これは合理的思考によって答えが出ないことはあきらかです。
つまりこれは表層の意識による思考に頼らず、より深層の意識へと全人的にかかわってゆくための一つの契機として「公案」が与えられていると考えられます。


2

河合さんは亡くなられましたが、彼の存在が残したもの、そして私が彼から頂いた言葉は、生命力をもって私の中にあります。

河合隼雄さんに、それに彼との縁を結んでくれた全てに、この場をお借りして「ありがとう」を。

そして最後を、河合隼雄さんの本(ユング心理学と仏教)から、彼が引用なされた詩で治めたいと思います。


1000の風

私の墓石の前に立って
涙を流さないでください。
私はそこにいません。
眠ってなんかいません。

私は千の風になって
吹き抜けています。

私はダイアモンドのように
雪の上で輝いています。
私は陽の光になって
熟した穀物にふりそそいでいます。
秋には
やさしい雨になります。

朝の静けさの中で
あなたが目覚める時
私は素早い流れとなって駆け上がり
鳥達を空でくるくる舞わせています

夜は星になり、
私はそっと光っています。

どうか、その墓石の前で
泣かないでください。
私はそこにいません、
私は死んでいないのです。

4

★大好きな人のことを書いて、ブログにあるまじき長さになってしまいました(^_^;;。
読んでくださった方、ありがとうございます。



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふくふく

Author:ふくふく
3時のおやつよりうさぎが好き
のWEBデザイナーです。

ホーム「ふくふくアジール」

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

カウンター