スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足元の草花たち。

家の庭は、鳥や風が運んでくる種から芽を出した草が花を咲かせます。
それは雑草と呼ばれて、昔は色んなところに、たくさん繁殖をしていだけど、今では、あまり姿を見ないものもあり……。
それが寂しくて、懐かしくて、いくつかは大事に残しています。

IMG_3314.jpg
「つぼスミレ」

IMG_3556.jpg
「ナガバノスミレサイシン」

草刈りの時に抜かないように痛めないように、一番気をつけているのが、この菫。
今年はこぼれ種からの発芽が多く、かなり株を増やしてくれました
この愛らしい菫、「春の野に すみれ摘みにと 来し我そ 野をなつかしみ 一夜寝にける」という歌が万葉集にあるように、実は食べられるのです。
そして根の部分は煎じて服用すれば解毒薬にもなります。

IMG_2909.jpg

「オオイヌノフグリ」
……なんでこんなに可愛い花がこんな名前なんだか
でも、別名に「瑠璃唐草」「天人唐草」「星の瞳」というのがあるらしいです。
これからは瑠璃唐草と呼ぼう

IMG_2935.jpg
「カラスのえんどう」
エンドウの名前通り、小さな豆の入ったサヤをつけます。
もちろん食用になり、中国では「救荒野豌豆(「救荒」は飢饉のこと)」と呼ぶそうです。
薬効もあり、煎じて飲むと血行をよくするとか。

IMG_3097.jpg
解説不要ですね~「タンポポ」です。
全草がふつーに食べられます。
また根の部分を乾かして粉にすると「タンポポ珈琲」になります。
薬効は「健胃」「胃痛」「消化促進」
また、昔は乳牛の乳の出をよくする為に、タンポポが使われたそうですから、ひょっとすると人間にも同じ効能があるかも……。

IMG_3545.jpg
「ノアザミ(可愛い蜂さん付き)」
もちろん葉も根も食べられますよ~。
「山ごぼう」や「菊ごぼう」と言われるのは、だいたい、このアザミの根だそうです。

IMG_3469.jpg
「ヒメジョオン」
以前は道の傍にたくさん咲いていたこの花も、あまり見なくなりました。
これもおいしく食べられます。

と、食べられるとばかり書いていると、なんだか危ない気もするので、食べられないものを。
IMG_3110.jpg
「カタバミ」ハート型の葉がとってもかわいい草ですが「シュウ酸」を多く含む為食用には向きません。
でも「ゼニミガキ」の別名があるように、真鍮をこの葉で磨くとピカピカになるそうです~。

雑草と呼ばれる草達も、花はみんな可憐でかわいくて、そして色々な効能があったりするのですよね。
日常には食べないと思うけど、非常食用として覚えておくといいかも~

ちなみに今回参考にした、私の愛読書(?)は↓
IMG_3582.jpg
野草の細かい解説から、料理の仕方、薬にする時の煎じ方、呑み方、山野草の活け方……果ては草花での遊び方まで載っているスゴイお役立ち本です~。

IMG_3215.jpg

ということで、それでは、また~


コメント

非公開コメント

プロフィール

ふくふく

Author:ふくふく
3時のおやつよりうさぎが好き
のWEBデザイナーです。

ホーム「ふくふくアジール」

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。