スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女人高野 太陽寺 【その2】 

女人高野 太陽寺 【その1】の続きです。

昼の道を来たのなら、また印象は違っていたのでしょうが。
鹿の姿を見ながら、真っ暗な山道を走ってたどり着いたお寺は、下の町とは時の流れの違う、異空間のようでした。

広いお寺には、ご住職が一人きり。
そして、この日のお客は、私一人です。

C.jpg

◇私の泊まる部屋にあった、巨大な太鼓。


1

◇はす向かいの部屋に、ご本尊様がいらっしゃるので、安心して眠れます。(^ ^)


ご住職の暖かいおもてなしと、お茶を、友人と二人、ホッとした気分で味わって。
友人は来た道(県の南端から北端)を帰りました(^_^;;。
たぶん家に着いたのは11時過ぎ…。
「ついで」と言うにはハードな道のりを、ホントありがとうございました。
ご住職から、簡単なお寺の案内を受け、明日の予定を確認してから、お風呂に。

で、このお風呂が素晴らしかった?。
なんと、山の木々に囲まれた、露天風呂なんです。
温泉ではないのですが、山の上方の湧き水ですから、とっても、肌にやさしくて、清清しい。
虫の声を楽しみ、星を眺め、月の光を身体全体に浴びながら、下方を流れる水のせせらぎを聞いていると、もう、もう、本当にしあわせ?(涙)。
心と身体に、清流が流れ込み、すべての澱みを無くしてくれるようでした。

1

◇ご住職が、訪れる方のために作られた、露天風呂。宿泊者は、いつでも入ることができるそう。

あんまり気持ちがいいので、一時間以上、浸かっていました。
許されるなら、いつまでも、ここにいたかったかも。。。。。

◆その3に続く(^_^;;

コメント

非公開コメント

プロフィール

ふくふく

Author:ふくふく
3時のおやつよりうさぎが好き
のWEBデザイナーです。

ホーム「ふくふくアジール」

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新トラックバック

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。