FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【奥原晴湖展】 その1 晴湖観音


4月21日、熊谷市の龍淵寺で「奥原晴湖(と弟子)」の絵の展覧会&「奥原晴湖の生涯と芸術」をテーマにした講演に行ってきました。
(アップが遅くてゴメンナサイ)

IMG_0648.jpg

広い本堂が、いっぱいになる人出でした。150人くらいの記帳があったそうです。

IMG_06872.jpg

IMG_0634_201805081520071af.jpg

お堂いっぱいに展示された、奥原晴湖とその弟子たちの絵。

200px-OkuharaSeiko奥原晴湖

以前、このブログでも少しご紹介させていただいた「奥原晴湖」は明治初期の女性南画家。
彼女の自由奔放で豪快かつ大胆な作風は、維新期の気風に乗り人気を博して、一世を風靡しました。
最盛期には弟子が300人(なんと岡倉天心も彼女の弟子になっています。)。
また、木戸孝允と深い親交があり、彼の紹介で宮中にあがり皇后陛下の前で揮毫もしました。
しかし、やがて南画の人気は衰退。晴湖は55歳のときに東京を払って成田村上川上(埼玉県熊谷市)へ隠棲します。

IMG_06611.jpg

この方は今回「奥原晴湖の生涯と芸術」の講演をしてくださった、熊谷市立江南文化財センターの山下祐樹先生。
寡聞で世間からズレテいる私は知らなかったのですが、熊谷市では、結構、著名な方で「金子 兜太先生」との共著で本も出されています。
今回の展示会、この方の講演を目当てにいらした方も多かったようです。

この講演で、山下先生は、晴湖の軌跡を、体系立てて、分りやすく、詳しく話してくださり、そのおかげで、今まで私が聞き齧っていた、断片的な点の晴湖の情報が線で繋がり、晴湖の色々な面が見えました。
また、あまり知られていない、南画の技法などについても、日本画の世界を知らない人にもに分りやすい説明がされ、とても勉強になる、素敵な講演でした。

そしてこの講演の中で、山下先生が示された、とても鋭い考察が、私の胸に残りました。

「普通の画家は精緻で写実的な描写から、大胆でダイナミックな表現に変っていくのに、晴湖はその逆です。
不思議なことに、大胆な表現から、写実的で精緻な絵になっていったのです。」
(こんな言葉ではなかったと思うんですけど、こんな要旨。かなり違ってたらゴメンナサイ~。)

私は、今まで晴湖の絵を時系列でみていなかったこともあり、こんなことは全く気がつきませんでした。
山下先生の言うように、これは不思議なことです。
どうしてなのでしょうか?
……ふと私の頭に浮かんだのは、以前読んだ、上野千鶴子氏の本の一節でした。
上野千鶴子氏は日本のフェミニストの代表といってもよい方、そして、その鋭い弁舌と論理力で男社会のエゴと不条理を喝破してきた女性です。その彼女が「ミッドナイトコール」という著書の中でこんな文を書いているのです。

-------------------------------------------------------------------------------------------
-あなたの文章はね、ボクにはとてもよくわかります。男の論理で書いてありますからね。
「女性問題に造詣が深いと言われている、某大が各の男性教授が、私に向かってそういった。
>>中略<<
このところ、あまり怒らなくなったわたしが、ひさしぶりに怒りで身体が震えた。
-私はね、男でも女でもありません。私はフリーク(異形の者)です。
私は男の世界でもフリークだし、女の世界でもフリークです。だから男の言葉で女の心が書けるんです。
思わず、そうタンカを切ってしまった。
>>中略<<
女に論理性なんぞ、はなから認めない社会では、女が論理的な文章を書くと「男みたい」と言われる。論理には男の論理だけがあって、女がそれに対抗しようとすると「女の非論理」を持ってくる他ない。
とは言え、私が自己表現の為の論理やボキャブラリーを学んだのは、男仕込みの学問からだった。敵の戦法を学んでみると、同じ武器を使って、相手の内懐に切り込むことができた。
だが同時に、自分のコトバを奪われた植民地の二世のような哀しさともどかしさがつきまとう。

上野千鶴子 ミッドナイトコール(朝日新聞社)より。
-------------------------------------------------------------------------------------------

奥原晴湖が生まれ活躍をしたのは幕末から明治にかけて、社会における女性の立場は非常に弱く、男性と同じ人権などは、はなから認められていなかった時代です。
武家の出自で、男勝りの性格とはいえ、男たちの中で南画を習得すること、またそれで身を立てることは大変な困難と圧力があったと思われます。
また、彼女が、成功し名声を得たことに、羨望と同時に嫉妬からや羨みからの世間の風当たりも強かったのではないでしょうか。
どんな時でも「女のくせに」という中傷が絶えることはなかったと思います。
晴湖は、それらから逃れる為にも、いわば一種の保身・処世術のために、女性性と言われる繊細さを極端に封印し、男性性の強い豪胆な絵を書き、男勝りの「奥原晴湖」を作り上げたのではないでしょうか。。。。


また、新井恵美子著の「岡倉天心物語」にはこんな一節がありました。
これは、小説ですが、晴湖の弟子であった、天心が当時の師匠の晴湖に向けた言葉です。
-------------------------------------------------------------------------------------------
「奥原先生、しょせん、女は女。男は男ではないですか。男になろうとして先生は大事な母性を捨てようとしておられる。愚かなことです。」覚三(後の天心)は晴湖に面と向かって言った。
晴湖の表情が変わった。
「子供に何が分るのか。生意気に過ぎる。」晴湖は怒った。
この少年に自分の全存在を否定されたような侮辱を感じてしまったのだ。
-------------------------------------------------------------------------------------------

 晴湖の擁護者であった木戸が亡くなり、人気も凋落をし、300人と言われた弟子もいなくなり、熊谷に隠棲をした晴湖。それは世間から見れば「落ちぶれた、哀れな成り行き」とも見えたでしょうが、ひょっとすると晴湖は、この隠棲で肩肘をはらねばならない大業な生活からの解放感を得たのかもしれません。
晴湖の絵が、豪胆でダイナミックな表現から、繊細でやわらかな描写に写った理由は、もちろん時代背景(フェノロサ、天心などよる日本美術概念の変化)もあったと思います。
が、その他に「南画の一流の絵描きとして、男のようにならねばならない」という、自らに課した重圧が、晴湖の人気の凋落と熊谷への隠棲で緩み、封印をしていた「女性性(繊細さ)」を、絵の中で自由に表現できるようになったのでは?と思うのです。

男でもない、女でもない、異形の者として生きた晴湖。
その鮮やかな生きざまを想う時、晴湖の絵の中から、今までとは違ったものが観えてきそうです。

下の絵は、晴湖が熊谷に隠棲してから書いた「阿耨観音」
実は観音さまも、男でも女でもない「フリーク・異形の者」なのです。

IMG_0670.jpg




広告止め。。。。

興味のあることが、FBの方にあり、こちらが放置になっていました

かなりの時間を費やして、ひととおり、掴んだものもあるので、少し、ブログの方に戻りまーす。

とりあえず、広告止めにぽんちゃ写真~。

IMG_9407.jpg

隣で有機栽培無農薬畑をやっている兄から、おっきな大根をもらいました。

ものすごーくおいしい。







トランプにハマる?

去年の後半から「311の真相」の本から、それを他方面から多角的にみるために「日本、世界情勢、政治関係の本」にハマりこみ、で、今「トランプ」にはまってます。。。。
つーことで、今、私の寝室の枕元にはこんな本があります。

IMG_9978.jpg

この中で一番面白かったのはトランプ当選を日本で唯一(?)予測した副島 隆彦さんの本。

彼いわく「トランプはこれまでの政治家とは違う。アメリカの本当の裏側の世界を全部知っている。気合いと根性で這い上がった暴力団気質そのものの男だ。」
今、世界の裏で起きていることを覗き見ると、彼のこの洞察が真実であることがわかります。。。
トランプ政治の目指すものが、これらの本にある通りならば、世界政治は今までと大きく変わるでしょう。
おぼっちゃまで、常に誰かさんのいいなりであった日本の安陪総理の現政権は、このトランプ暴力団気質(笑)政権と、これからどう対峙していくのでしょうか。。。。
ちなみにこの本の「駐留米軍経費と米国債」の項は、日本人なら必読です。

これから、もう少し違う方々の本もとりよせ、この分野を楽しんで勉強(?)していくつもり。
たくさんインプットをしたら、ブログなどにアウトプットしていきたいと思っています。

IMG_9323.jpg

おかーさん、去年の秋から作り始めたマフラーがまだコレですけど。。。。


えーと、らっ、来年の冬用にしようかな~。

雨の音

降り続く雨。。。。

少し、肌寒くなってきたので、ストーブをつけました。
(ストーブの上にはお芋にやかん♪)

大好きな雨の音(※)を聞きながら

温かなレモンティー
焼き芋
編み物(マフラーを編み始めました。)
ぽんちゃ
時々フルートの練習。。。。

のーんびり、ふわふわ、あったかな一日。。。。

IMG_9219.jpg

これ以上のしあわせってあるのかな?

IMG_4291.jpg

台風が近づいてるのに、そんな呑気なことを言ってるのは、おかーさんだけですっ。


※雨の音は「1/fゆらぎ」と、現在の私たちの生活に不足(?)している高周波音が含まれています。
これは血行をよくしたり、ストレスを解消させ、リラックスに導く波動だそうです。


マリアカラスフェスティバルとサウンドヒーリング


FBのお友達、星美智子さん(なんとうさぎ飼いさん)からお誘いを頂き、先日、10月21日、川口リリアホールで開催されたマリアカラスフェスティバルに行ってまいりました。

第15回マリアカラスリーフレット

今回、このお誘いを受けたのは、超ラッキーでした。
そもそも私はマリアカラスが大好き
(とは言っても、CD三枚レベルですが。。。)
&今の私のマイブームが(古いでーす。)音(波動)による癒しなのです。
最近、電磁波と波動のことを調べていて、サウンドヒーリングという分野を見つけ、その分野の本を読み漁っていたところ。

下は音によるガン治療を行い、多くの有効な臨床治療データを出した、ミッチェル・ゲイナー医学博士の本。
「なぜ音で治るのか」
oto6.jpg

多くの人は「サウンドヒーリング」というと「音楽による精神的な癒し、心の安らぎ」といったものを連想するのではないでしょうか?
私も、今までは音楽による治癒効果というのは、音を受け取る脳からの働きにより、精神的な安定を導くホルモンが放出される。といったくらいのものだと思っていました。
ところがこの本「なぜ音で治るのか?」では、そういった効果だけでなく、直接「音」が細胞に働きかけ、ガン細胞などを死滅させるという驚くべき臨床実験データが書かれているのです。

以下は本文からの抜粋です。
-------------------------------------------------------------------------------------------
最も劇的な結果は、ママン(実験者)細胞に向かって音階を歌った時にに現れた。「極めて短時間で細胞の構造が壊れた。人間の声は、その振動の中に他のどんな楽器よりも強い力を持っている。それは意識だ……。
ガン細胞は、次第に蓄積していく振動周波数に耐えきれないように見えた。私が歌の中に三番目の周波数を加えた途端、がん細胞は不安定になり始めた。」ところが他の楽器、特に豊かな倍音を伴った銅鑼もまた、細胞を崩壊させ、ついには破裂させた。
実験室での発見に基づいて、ママンは次に、二人の乳がん患者に対して、一日三時間半、一か月にわたって音を聞かせるという実験を行った。一方のケースでは腫瘍は消滅した
もう一人の女性は腫瘍を切除する手術を受けたが、腫瘍は「縮小し、完全に乾いていた。」転移がなかったのその悪性腫瘍は摘出され、患者は完全に回復した。
--------------------------------------------------------------------------------------------

歌でガンが治る?そんなバカな~。と思いますよね。
私も、様々な電磁波の本、波動治療の本、祈りによる治療の臨床実験データの本を読んでいなかったら、ちょっとこれは直ぐには信じられなかったと思います。
ただ音が振動(波動)であること、そして私たちの身体の殆どが水でできており、水は音の波動に反応するもの。という事実を踏まえれば、この実験結果に納得できるのです。

……といったところで「じゃ、音で病気が治るのなら、毎日、CDでも聞いていれば……」と思う人もいるのではないかと思うのですが。
残念ながら、現在出回っているCDは規格により高周波部分がカットされており20~20kHzの音しか収録されていないのです。
この高周波部分部分がカットされたしまった理由については「人間の耳には聞こえないから」ということらしいのですが、実は耳には聞こえていなくても、身体細胞はそれを感じるのです。
つまり、CDの音は生き物にとって「不自然」な音なのですね。(それでも心理的な癒し効果はあると思いますが)
ですから、電磁波の問題もあるし、スマホのイヤホンなどで、音楽を聞くのはむしろ逆効果でしょう。

……てな訳で。
音のミラクルにハマりまくりの私が、行ってまいました「マリア・カラスフェスティバル」
どうだったかとい言いますと。

星さんの歌う「蝶々夫人」を聞いて泣いてしまいました。。。。。。
もともと、この歌は私の泣きのツボに入ってしまう歌ので、あまり歌の意味を考えないで聞くようにしていたのですが。。。
何も考えていないのに、歌声を聞いているだけで、胸がバクバクし、涙が勝手に流れ……。
「ぎゃーこんなところで、こんなに泣いたらマズイでしょう~。」
とほぼパニック。
最後のトリの部分なんて「お願い(涙が抑えられないから)早く終わって」ってと思ったくらいの涙。。。。
……なんでこんなに涙が出たの
何も考えないようにしていのだから、蝶々さんの身に同情して、あるいは彼女の気持ちに同調した自己憐憫のカタルシスの涙じゃないのは確か。。。

とすると、もっとスピリチュアル的なもの
うーん。。。。。

いずれにしても、本当に美しい人の声が、私の身のうちにある何かに働きかけ、響き、癒し、浄化をしてくれたように思います。

ひょっとするとガン細胞も殺してくれたかも。。。。
(人間の体には毎日5000個くらいのガン細胞が作られているらしい。)

星さん、素敵な歌声をありがとう~。
ほんとうに本当に、素晴らしく美しく澄み切った「蝶々夫人」でしたよ~

oto3.jpg

↑左が星さん。「この細い身体のどこからあんな力強い声が?」と思うほどパワーに溢れた美声の方。
(持っていったデジカメの調子が悪くボケボケの写真。一眼もっていけばよかった~(涙))

oto4.jpg

こんなに遅くなるなんてあんまりじゃないですかっ。おかーさん。
ストレスでガン細胞できちゃったかもしれませんよっ


と、コンサートから帰ったらぽんちゃが怒ってましたです。。。
ぽんちゃに夕飯も置いていかず、帰宅が11時過ぎになってしまいました。。。。
ごめんね


プロフィール

ふくふく

Author:ふくふく
3時のおやつよりうさぎが好き
のWEBデザイナーです。

ホーム「ふくふくアジール」

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。